妻に逃げられたカモ?のシジュウカラ。

ガレージの軒下に取り付けている巣箱で異変がありました。

時々シジュウカラが出たり入ったりしていたのですが、今朝、1羽のシジュウカラが巣穴から顔だけ出して「ハテナ?なんかおかしいぞ」という風情で首を何度も傾けながら、飛び立とうともせず不思議がっている様子でした。

昨年までも何度かそういう親鳥を見たことがあります。

 

そして昨年、巣箱の掃除をした際、卵が残っていたので調べてわかったこと、それは無精卵だったということ。

産んだ卵を妻鳥は温めていましたが、それが孵化時期になると無精卵と本能で知り、抱卵放棄して夫鳥にも告げずに去って行った。

我が子の孵化を楽しみにしていたオスは、そうとは知らず妻鳥がいないので不思議がっている。

「いったいどこへ行ったの? 僕、何か悪いことした? 」と。

卵と夫鳥をおいて、妻鳥はただいま行方不明という仮説を立てたんですけど、さあ、どうかな?

その答は 冬になって巣箱の清掃をした時、卵が残っているかどうかでわかります。

結論はちょっと先が長い話ですけど。

 

今年初めて、ハルゼミが一斉に鳴きだしました。カラマツ林で一斉にうるさいほどのハルゼミの大合唱。

徐々にではなく「今日から鳴くからね」と、みんなで申し合わせたように一斉に鳴き出すというのが不思議です。

 

 

 

 

| やってくる生きものたち | 22:08 | comments(0) | - |

アヤメが紫なのはなぜ?

今日から6月。新型コロナウイルス緊急事態解除から、日常生活に戻す模索が始まっています。

それにしても医療関係者ではなくデパートの店員さんなどが、感染予防のためのフェイスシールドをしているのをテレビで見ると、変な世の中になってしまったなあというのが実感です。

クラブのホステスさんが、マスクしてその上からまたフェイスシールドをしてるのなんて、もっと異様です。

これから先、私たちはどこへ向かって行くのか?

 

GREEN WALKではアヤメが咲いています。

アヤメの紫色のなんと素敵なことか・・・。

花の色はいろいろあって、そのどれもが自然の色で、こんなに色がいろいろあるのはなぜ?と思ったら、同じことを小学5年生が思っていました。

花にいろんな色があるのはなぜ?というこどもの質問に、NHKこども科学電話相談ではこんな回答がありました。

「一つの植物の種類は、ほかの種類の植物よりとにかく目立たないと駄目なのね、自分がほかの種類の植物たちよりも目立って、ハチやチョウチョに来てもらって、花粉を運んでもらって種をつくるという大きな目的のために、色や香りに工夫を凝らしているんだよ」と。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:16 | comments(0) | - |

ルピナス映え。

GREEN WALKではルピナスが華やかさを添えてきました。

ルピナスはピンと立って、私としては切り花にしようとは思わないのですが、背丈もあるし庭ではゴージャスに見えます。

4、5年前、ルピナスで、小型のをGREEN WALKに植えたことがありました。

これはツンと立ってるわけでもなく切り花にして花瓶にいけると可愛く素敵だったので、こぼれ種で翌年も芽がでると思って楽しみにしていましが、結局、1つも芽を出さず消えてしまいました。

 

1週間経つのは早い!もう日曜日がやってきました。変わり映えのしない日曜日です。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:17 | comments(0) | - |

巣立ちでひと休み。

我が家では現在3個の巣箱でシジュウカラの雛ちゃんたちが育っています。

夕方、GREEN WALKの水撒きを終えて、サンルームのガラス戸を閉めに行ったところ、デッキのタイルにシジュウカラが踏ん張ってジッとしています。

あれ?ガラスにぶつかったのかな?と、よーく見ると、嘴にまだ黄色が残っている雛ちゃんでした、

あらー、巣立ちしたのねと、そっとカメラを向けました。

雛ちゃんは珍しいものを見るように私を見ています。でも動けないでジッとしているだけ。4時20分ごろでした。

親鳥はどうしたのでしょう。

「きっとすぐにお迎えが来るからね」と、言いましたが、本人は心細そうで「なんとかして」と、私に訴えているようです。

親鳥の姿は見えません。我が子を探している様子もなく、鳴き声も聴こえません。私もだんだん心配になりました。

親鳥が迎えに来なかったら、紙箱のホテルで一夜を過ごさせないといけないかな。

餌になる幼虫を私は用意できないので、食事なし、素泊まりよ。と、こちらも心の準備はしたものの、なんとか親鳥が見つけてくれるといいけれど。

雛ちゃんは静かでピーとも言いません。私がヘタなモノマネでチュンチュンと鳴いてみましたが、雛ちゃんは無反応。

気になってしょうがないので、度々見に行くと、ああ、まだいるー。

 

そんなこんなで、5時前に様子を見に行くといなくなっていました。ああ、良かった。

親鳥が迎えに来たか、雛ちゃん自身が勇気を出してどこか近場へ飛び立ったか。どっちにしても、巣立ちの続きをしてくれたことに安堵しました。

しっかり私を見ていたので、憶えてくれてるはず。自分でヒマワリの種を食べられるようになったら、再会できるでしょう。その時は挨拶の1つでもよろしく!

 

 

 

| やってくる生きものたち | 21:22 | comments(0) | - |

カッコウもただいま婚活中。

いい季節です。GREEN WALKはバラが咲き始めていますが、デッキ横のローズウォークはまだ硬いバラの蕾。

その入口にはピンクのクレマチス モンタナがひと足お先にフェンスにからんでなかなか良い具合です。

外に出ると、しょっちゅうカッコウが鳴いているのが聴こえます。

シニア婚活中の友人が「カッコウ、カッコウと聴くたびに、あのカッコウもまだ彼女が見つかってないんだなと思う」と笑っていました。

どちらも早く見つかるといいね。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:21 | comments(0) | - |

バラの名花、アイスバーグ。

今年植えたバラが順調に開花しています。小さな株なので背丈は低いですが、元気のいい苗です。

以前から植えていたバラは奥手で、まだ小さな硬い蕾。寒さ対策も成功したようです。

白バラのアイスバーグは、気品を漂わせた白色、花つきがよく、トゲがないので人気があるバラ。GREEN WALKにも結構沢山の数を植えています。

まだ梅雨に入ってないので、雨に濡れない分、今がバラの花にとっていちばん良い時期ともいえます。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:57 | comments(0) | - |

徘徊老人予備軍。

タイムのピンクの花が咲き始めたのは4月?

5月の中旬には階段脇の斜面をピンクの絨毯を敷き詰めたように覆っていました。

そしてまだ、土を這って咲いています。

GREEN WALKもだんだん賑やかになってきました。

静けさの中で相変わらずカッコウが鳴き、

暑くもなく寒くもなく、

木々の鮮やかな若葉、

爽やかな風。

 

新型コロナウイルスの外出自粛が解かれたものの、今までは人に会うこともめっきり少なくなり、喋る機会もなくなりました。

このまま自然の中で過ごしていると、我ながら認知症になるのも早いだろうなと思います。

認知症になったら、足だけは達者で、ただただどこまでもスタスタと徘徊する高齢者になるなと、ウォーキングしながら思いました。

これはやばいぞ。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:24 | comments(0) | - |

独特の宇宙観があるアリウムの花。

アリウムパープルセンセーションが満開になりました。GREEN WALKのあちらこちらで咲いています。

細い茎、丈があるので、庭を見渡すと中間どころの高さで赤紫色の球体が浮かび、独特の宇宙観が庭を立体的に見せてくれます。

今はカッコウがよく鳴いています。カッコウ、カッコウと聴くたびに、時計が時報を知らせている気分になります。

長かった緊急事態宣言がようやく解除されました。自分のため、人のため、みんなよく我慢しました。

とは言え、さあ、どこかへ行こうという気分にはまだなれません。

ゆっくり、慎重に、様子を見ながらボチボチという感じ。

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:05 | comments(0) | - |

ウドもなかなかやるね。

友人がワラビ採りに行くというのでくっついて行きました。

家のすぐ前の林で、先日ワラビ採りしましたが、今日目指すのは知る人ぞ知る山菜の在り処のようです。

10分足らずのところで車を置いて、ありそうなところまで歩いて探しましたが、なかなか見つかりません。

もう時期は過ぎたのでは?

カッコウが鳴くゆるい山道でワラビを探しながら歩けば、ちょうどいいウォーキングになります。

そうこうするうちに、友人がウドを発見!山菜に詳しい友人のおかげで思いがけない山菜を採ることができました。

場所を変えた別のところでワラビも採れ、脇道で私は風知草らしき草、アルジは雑草のようなグラスをついでに持ち帰りました。

ウドを摘んだのは初めて。もちろん食べたことはありますが、わざわざウドをお店で買うことはありませんでした。

たくさん採れたので半分は天ぷら、半分は軽く茹でて酢味噌で食べましたが、どちらも予想以上においしくて、2人でペロリ。

ワラビも煮たのですが、こちらは影の薄いおかずになってずいぶん残っています。

香りや苦味も醍醐味の山菜、ウドもなかなかのものでした。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 19:56 | comments(0) | - |

庭づくり集大成。

穴掘り名人のアルジがまたGREEN WALKの片隅でザックザックと穴掘りをはじめました。

お隣との境のところに花壇を作るそうです。寒冷地ですから冬は霜で土が盛り上がってしまうので、ブロックとセメントで基礎を作って地上の見える部分はレンガを積みます。

でも、よる年波には勝てず、休憩が多くなったとのこと。本人としては半分納得、半分不服といったところでしょう。

まあ、楽しみながらボチボチやってくださいまし。

これが完成したら、とりあえずガーデンプランの作業は終わるそうです。

・・・が?

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:35 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM