甘いぶどうを作ろう。

GREEN WALKの片隅でぶどうのキャンベルが実をつけました。と、思ったのですが、どうやら花をつけたというのが正しいのかも。えっ、まだ花の手前の蕾? いずれにしろ、この花がどうやってぶどうの粒になるのか。小さな粒のようなのが1粒になる?・・・ではないようです。勉強が足りません。

さて、毎年キャンベルが熟すのですが、酸っぱい味です。

調べると、摘果しないと甘くならない、もったいないと思うかもしれないが切りなさい、房の数を減らしなさいとあります。

本当に毎年、私のもったいない精神というより欲張り精神が邪魔をして摘果したことがなく、実らせるだけ実らせていました。それでも昨年はちゃんと紙袋で包んで栽培したので、スズメバチに横取りされずにすみました。でも例年通り酸っぱさに変わりはありません。

うん!今年はぜひとも甘いぶどうを食べたいので、少し勉強して摘果にトライしてみようと思います。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:30 | comments(0) | - |

祭壇の花。

新緑が美しい季節。森の教会、八ヶ岳中央高原キリスト教会のまわりも緑にあふれています。

日曜の今日は、祭壇のお花の当番で生けさせていただきました。GREEN WALKにはレースフラワーのオルレアとサルビア コスミックブルーは沢山咲いているものの、他の花はまだあまりないので、さてどうしよう。なるべく買わずに花を用意したいし。

そんな訳でオルレア、コスミックブルーに加え、キャッツミント、ラムズイヤー、名前を忘れたピンクの花。もう少し何か欲しいなということでハクロニシキと、そうそうモミジの紅い花が可愛いので、これも使うことにしました。

教会の祭壇の向こうはガラス窓で緑の森が広がっています。

 

私が福岡にいた頃のことです。亡くなった母も福岡バプテスト教会で生け花の奉仕を86、7歳ぐらいまで長年していました。

ある土曜日、花生け当番を終えたあと、阿蘇山へドライブに行き、途中で昼食のためレストランに入りましたが、母の食欲がありません。どうしたの?と聞くと、教会の祭壇の階段を花瓶を持って踏み外し、肋骨あたりを打ったと言います。時間が経つにつれ痛みが出てきたのでした。

この5月に私が右足を捻挫した時、数時間後に痛みが強くなったように、あの時、母は激痛と戦っていたことをふと思い出しました。

未だに私は毎日、母のことを思うのですが、同じように祭壇の生け花の奉仕をしていることに、天国の母は微笑んでいることでしょう。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 19:28 | comments(0) | - |

花の心そのままに。

雨模様の寒い土曜日。時々空は明るくなっても冷たい風があって体感温度は春の初め。

富士見パノラマリゾートへ「星野富弘  花の詩画展」を観に行きました。その途中、八ヶ岳自然文化園前に友人が4月にオープンしたコミュニティースペースのパン工房へ。そのあと近くの、弦楽四重奏団ユバルのヴァイオリンさん・ビオラさん夫婦のお庭に満開のルピナスを拝見しに立ち寄ったところ、タイミングよく星野富弘詩画展の招待券をいただきました。

GREEN WALKの数少ないルピナスに比べて、ここのお庭には立派なルピナスがニョキニョキ咲いています。そのルピナスはそもそもお隣の庭から種が飛んできて繁殖したそうです。

それから、2日間オープンガーデンとした友人の別荘のお庭にも立ち寄りました。奥様手書きのガーデンマップに沿ってお庭を見て回ります。お花のベストシーズンではないですが、定住ではないのによく手入れされていました。

私の亡くなった母は星野富弘さんの花の絵が好きで、カレンダーなどを買ってはその年が終わると絵を飾っていました。画も文字も素敵で、底辺に感謝の心が流れる星野さんの豊かな感性の人間性から、今日も気づかされることが多かった。

感謝をいつも忘れている私。忘れ物に、注意。忘れないようにするにはどうしたらいいんでしょう。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 17:35 | comments(0) | - |

蕾がパカッと。

大きな八重のポピーが咲いています。存在感あり過ぎで、アルジもツレアイもあまり気に入っていないのですが、年々繁殖して本人たちは元気いっぱい、次から次へ開花していきます。ポピーの蕾はパカっと開いて咲くので面白いです。

 

今夜は清里の萌木の村のレストラン「ROCK」でのドキュメンタリー映画「FIVE SEASONS ガーデン・オブピート・アウドルフ」の上映会に行きました。その前に「ROCK」で食事をしたのですが、テラス席しか空いてなく、寒くて寒くて・・・。

今朝は早く4時起きだったので映画を見ていると眠くなってしまいましたが。

映画のあとはランドスケープデザイナーのポール・スミザーさんの解説とガーデントークがあり、大変面白かったです。ポールさんは萌木の村ナチュラルガーデンを監修していますが、日本語での比喩がじょうずで、笑わせながらガーデンの蕾の話をしてくれました。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:57 | comments(0) | - |

雑草取りまくりの巻。

GREEN WALKのライトガーデンは今、レースフラワーのオルレアだらけです。白い花が無数に咲いて他の背丈が低い植物は埋もれています。

夏から秋にかけて種が落ち、それが春、自然に芽を出しその挙句、繁殖しすぎて毎年オルレアだらけになってしまいます。これでも花が咲く前、随分根っこから抜いたんですが。

でも私はこのレースフラワーが好きなので、それなりに喜んではいます。昨日、友人宅へ行く際、レースフラワーを切って持って行ったら、あらら、やっぱりそこのお庭にもたくさん咲いていました。

今日はお天気でしたが風がヒンヤリしていたので暑さは感じません。アルジから草取りのお役目が下されました。芝生の中に生えた雑草を抜いてというのです。小さな雑草は今の内にとっておかなくては、と。本当に小さな雑草はピンセットを使ったらいいなどと言う。それはあまりにも異常なので、草取り鎌の先で突いたり、指先で摘みまくりました。

草取りに残り少ない人生を費やしたくないツレアイですが、やらなければいけない時もある。やる時はやるのさ。ついでにバラのエリアの雑草もオマケに抜いておきました。さすがに汗びっしょり。芝生がよく成長するように庭中の水撒きをして、ツレアイの今日の庭仕事はおしまい。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:17 | comments(0) | - |

不運な花。

雨に濡れて哀しげにうつむいて咲いているピンクのバラはフランソワ ジュランビル。

人間に運、不運があるように、たまたまこの時に咲いたこの花は雨に会い、不運と言えましょう。様子見で咲きましたという風情の1番咲きは、お天気だったらもっと花びらもイキイキとして、見る人は思わずその香りをまとおうと顔を近づけるはず。

オールドローズのフランソワ ジュランビルは香りもいいのですが、その香りさえ雨に流れてしまった感じです。

今日も雨が降り出したと思ったら土砂降りで、一時は雷も鳴ってきたので、開いていたパソコンを念のためシャットダウン。

家の前の道に降る雨がGREEN WALKの入口から、冬のカラマツの枯葉と共に流れてしまうので、一時的にとアルジがブロックを置いて堰き止めています。日頃はそんなに傾斜を気にしないのですが、水の流れを見ていると、こんなに傾斜があったんだと気づかされます。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:40 | comments(0) | - |

梅雨時の巣立ち。

天気が回復して梅雨の晴れ間、ハルゼミの大合唱が聴こえます。それに混じって時折、何種類かの鳥の鳴き声が絡んできてなかなか賑やかです。

昨日の午前中、庭仕事をしていると、デッキの巣箱の親鳥が小さな幼虫を咥えながら私たちに「あっちへ行って」と頻繁に警戒の鳴き声を発していたので、シジュウカラの巣立ちもそろそろかなと思っていました。でも午後の雨で今日はやめたほうがいいんじゃないと教えてあげたいところでしたが、あれからどうしたのでしょう。

今朝は親鳥が飛んでくる姿を見ないので、巣立ちしたようです。もしかしたら昨日の雨の中を巣立って行ったか、あるいは雨上がりの今朝早く巣立ちしたのかわかりませんが、無事育ってくれればいいなと願うだけです。梅雨時の巣立ちは雛にとっては体が冷えたり、親にとっては餌探しが大変だろうと察します。

 

雨の日の巣立ちで思い出すのは6、7年ほど前。やはりデッキの巣箱からヤマガラが巣立っていきましたが、末っ子の巣立ち時には激しい雷雨で雛が窓ガラスの下で雨に濡れながら立ちすくんでいました。雨の音、雷の音で親鳥の呼ぶ声もかき消され聞こえるはずがありません。

もう夕暮れで、これでは生きるのは無理だろうと保護することにしました。そっと手を差し出すと、その末っ子が乗ったので、この夜は我が家で宿泊させました。紙の箱に入れ、底にカイロを貼り付けて、さあ、餌はどうすればいいの?と家の中を探して見つけたのは1匹のハエの死骸。もう硬くなっています。ないよりはいいかな、気持だけですけど、と。

翌朝早く、箱を外に向けると、雛鳥は元気に飛び立ってフェンスに留まっていたところを、心配していた親鳥が迎えに来ました。とてもドラマチックな巣立ちでした。箱の中にはハエはそのまま残されていて、やっぱり雛の食欲をそそるものではありませんでしたね。

 

今日は梅雨の晴れ間も続かず、不安定な天気で3時頃から大雨。アルジが苦労してGREEN WALKに蒔いた芝生の種が、部分的に雨に流されてしまっています。

夜も断続的に激しい雷雨です。

 

 

 

 

 

| やってくる生きものたち | 10:48 | comments(0) | - |

雨が降る前に。

地面から伸びてデッキの床にちょこんと頭を乗せて咲いている真っ赤なバラはダブリン  ベイ。

1つ、2つとバラが咲き出しました。でもかわいそう。梅雨とバラの開花時期が重なるのはなんとも悲しいことです。

 

お昼から雨が降るということで、その前にできることをと、午前中、アルジはGREEN WALKの入口階段のやり直し。冬の間に霜柱などで土が敷石を持ち上げて動いていたのを、今度はセメントで固定して敷き直したので、立派な階段になりました。

ツレアイのほうは命じられた草取り。そもそも私は残り少ない人生を草取りに費やすのはもったいないと思っているのですが、やはり取るべき時に取っておかないと雑草がはびこってとんでもないことになってしまいます。昨夜からの雨で地面は濡れていたし、曇り空で、おまけに気温も低かったので草取りもしやすく随分の量になりました。

天気予報どおり、お昼から雨が本格的に降り出しました。

昨日、今日は床暖房を入れています。着ているものもユニクロのフリース生地のタートルネック。冬と同じ格好です。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 16:14 | comments(0) | - |

驚いたで賞。

6月1日から清里の萌木の村で開催されていた「第5回ハンギングバスケット&コンテナガーデン コンテスト」に出品していた私の鉢植え「風のおもちゃ箱」が、思いがけなく、なんと入賞してしまいました。我ながらあまり納得してなかった出来だっただけに、驚きました。

実は今日、伊那市で長野県合唱連盟の合唱祭で混声合唱団 岡谷せせらぎ会も出演するのと、私は連盟会計係のため朝7時過ぎに家を出て高速道路で1時間、伊奈文化会館まで出かけて、本来だと夕方終了まで支払いなど会計の仕事をすべきところでした。

でも表彰式にも出てみたいじゃないですか・・・。表彰式なんて、もうないことだし、会計を頼んだらうれしいことに代わってくれる人がいたので、ありがたくお願いして、萌木の村での表彰式に出席させてもらったというわけです。

もちろんハンギングバスケット協会賞やイギリス人ガーデナー、ポール・スミザー賞などの大きな4賞ではなく、私のは萌木の村ショップオーナー賞17人の1つ。自分の作品写真が入ったなかなか素敵な表彰状とショップから副賞をいただきました。

今日は小雨降る肌寒い日。テントが並んだ広場ではナーセリーなどが出店していたので、苗を見ると欲しくなるアルジは、またいくつかの苗を買っていました。

 

 

| 八ヶ岳あちこち | 19:52 | comments(0) | - |

キャンプブック2019。

富士見高原リゾートで初めて野外で音楽とキャンプを楽しむ「ザ キャンプブック2019」というイベントが開催されました。北軽井沢、湯沢で開催され3回目の今年は、GREEN WALKから2、3分の場所。今日と明日の2日間合計7000名規模だそうです。

午前中は雨。せっかくのイベントが気の毒に、と思ってたら午後から晴れてきました。外に出ると、遠くから何やら音楽が聴こえてきます。

ステージの音響が届いて迷惑をかけるということで、この辺りの定住者に無料入場券の案内がありました。キャンプ泊チケットは17,000円、キャンプ泊しない人は8,500円と意外にも高め。それがタダなので、アルジもツレアイも場違いを承知で、どんなものか行ってみました。

一面テントだらけ。見慣れた風景が一変して、なるほど、テントがひしめき合っています。当然、若い人ばかり、小さな子供連れファミリーもいます。

捻挫して40日にもなろうかというのにまだ痛みがある私はビッコ引き引き歩きましたが、ウォーキングもご無沙汰中なので、ちょっと歩いただけですっかり疲れました。あああ、衰えたものです。

今夜は25時まで演奏があるそうで、若いって元気だね〜。こちらは聞いただけで疲れちゃう。

アルジなんかは「こんなに遅くまで非常識だ」と怒っています。高齢者バロメーターが大きく振れました。そうは言いながら、もう8時前には高イビキなんだから。

 

 

| 八ヶ岳あちこち | 20:48 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM