蜂を侮ってはいけない。

スズメバチはどうなっているかなと、朝、2本のペットボトルを見に行くと、たくさんのスズメバチが、酒と酢、砂糖のおびき寄せ液に沈んでいました。

同時に、ぶどうに群がっていたスズメバチのほとんどがいなくなっていました。キャンベルよりペットボトル液のほうがおいしそうというのが、スズメバチに納得してもらった結果と言えます。

ここまでくると、ペットボトルによる駆除法が功を奏したのが明確になったわけで、気をよくして液をまた2倍に増やしました。

 

先日、蕁麻疹になったことで、病院でアレルギー検査をしてもらい、2週間後の今日、その結果がでました。

すると36品目の食物にわたってアレルギー反応測定値はゼロ。でも蜂によるアレルギー測定値はしっかり反応していました。

ここへ移住してから3、4回ほど蜂に刺されたのですが、血液にはその過去がちゃんと出るのにはびっくりしました。

それによる測定値はミツバチ 0.10未満、アシナガバチ 0.81、スズメバチ 2.97と出ていました。

そうなんです、ミツバチもアシナガバチも刺された経験があります。そして、今回のスズメバチ。血液に過去のその履歴が刻印されているのですから、血液というのはまったく驚異。すごいものだなあと感心しました。

 

自分の覚えとして時系列で経過を振り返っておきます。

スズメバチに刺されたのは8月23日。25日に病院で受診。軟膏と内服薬をもらって2、3日後には痒みと腫れが落ち着きました。

そして蕁麻疹が発症したのは8月31日。蜂に刺されて8日目のことです。翌9月1日からだんだん身体中に蕁麻疹がでて、全身が腫れと猛烈な痒み。9月3日明け方に富士見高原病院夜間外来で受診し、点滴。内服薬で2、3日かけて痒みがだんだんやわらいでいきましたが、蕁麻疹痕は薄く残ったまま。6日にアレルギー検査をしてもらって、今日14日にその結果がわかったという経過です。

そして医師の診断は「2か月内服薬を飲むこと。今度は蜂にさされたら、アナフィラキシーが起こるかもしれないので、自分ですぐに注射を打てるように、補助治療剤の注射液をもっていたほうがいい」ということで、注射の処方と、注射の仕方のビデオをみる羽目になりました。

アルジもツレアイも、蜂刺されって単なる虫刺されと甘く見ていました。

自然界には学習することがいっぱいあるものだなあと、改めて思う今日この頃。また1つ、山暮らしの知識が増えました。

 

| やってくる生きものたち | 20:32 | comments(0) | - |

毒をもって毒を制す。

昨日仕掛けておいたスズメバチ捕獲ボトルに、ちゃんとスズメバチが入っていました。

確かに酒と酢の中で溺死しているものあり、ペットボトルの中でブンブン飛んでいるものあり、ボトルの内側をよじ登っているものあり。

見ていた限り、中から脱出できたのは2匹ほど。入ったら最後、なかなか出られません。中には、いったん出たものの、また匂いに誘われて再びボトルへUターンするおバカちゃんもいます。

その様子をそばでずっと見ていたのですが、スズメバチは私のまわりを飛び回っていても襲いかかる様子はなく、ぶどうに気を取られています。

ペットボトルに興味を示し、入り口に数匹が止まるなど、このボトルはなかなかの秘密兵器となりました。

夕方、また見に行くと、液の中にスズメバチが何層も重なって溺死しています。ホントかいな?は、ホントでした。

アルジがもう1本ボトルをぶら下げてというので早速、追加。2本のペットボトルがスズメバチを待ち構えています。

中の液はスズメバチに刺された箇所に塗れば腫れないと聞きました。まさに毒をもって毒を制す、です。

次回、蜂に刺されても、この液があれば大丈夫。八ヶ岳に住んで以来、痛い目に合いながら、いろいろ学習しています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 23:17 | comments(0) | - |

ブドウ乗っ取り事件。

その事件を目撃したのは夕方のことでした。いつものようにGREEN WALKのぶどうのところへ行って1粒、口に入れると、うーん、まだまだ、やっぱり酸っぱい。でも、いい香りの味がします。

それにしても蜂が多いなあと、まじまじぶどうを見ると、あろうことか、あちらこちらの房に大きな蜂が止まっています。1粒のぶどうにスズメバチが4、5匹たかっているのもあります。

えー、これは何だ? どういうこと? ぶどうに蜂が? 花の蜜ではなく実に? 無知な私には、蜂がぶどうを食べるなんて信じられない光景でした。

家に入って「スズメバチ  ぶどう」 でネット検索すると、すぐにヒットしました。どうやら、ぶどうにスズメバチはつきもののようです。

そんなこと全く知らない私は、熟すのを楽しみにしていたキャンベルを乗っ取られてガックリ。

それでも残された道はないかと調べたら、2ℓペットボトルの上の方の2面に1cmの窓を開け、酒150cc、酢50cc、砂糖50gを入れてぶら下げておくと、匂いにつられて面白いほどスズメバチが入り、酔っ払って溺死すると書いてありました。

ホントかいな? でも早速、スズメバチがブンブン飛ぶ中、今度刺されたら蕁麻疹どころじゃないな、などと思いながらも我ながら勇敢にボトルを紐で下げてみました。

30分後に様子を見に行ってみましたが、全く成果なし。それどころか、すぐそばにいる蜂はボトルに見向きもせず、ぶどうに夢中になっています。

そりゃあ、ぶどうのいい香りがプンプンしているのでしょうから、酒と酢では相手にされないのでしょう。

来年からは、ちゃんとぶどうの袋がけをして、スズメバチに乗っ取られないようにしなければ。この経験は無駄にしないぞ。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:36 | comments(0) | - |

生きもの専用道路。

原村の八ヶ岳自然文化園そばの、まるやち湖付近から森を抜けた先に、八ヶ岳中央高原キリスト教会があります。

この小径は、人と森の生きもの専用の道。車は通れないだけあって四季折々に趣があります。雨に濡れた緑、森の香り、小さな木の橋がかかった小川を流れる水の音。

いつもは教会の前まで車で行きますが、今日は原村古楽音楽祭の関係で、駐車場がいっぱいになるかなと、まるやち湖のほうに駐車して、濡れた森の中を久しぶりに歩きました。

 

今朝、うれしいことがありました。工事中のデッキの足場の上をリスが行き来していたのです。

あ、生きていたんだ、良かった。自然の中でたくましく生きてるんでしょうけど、お目にかかれなかった私にとっては、まるでリスが生き返ってきてくれた気分。何ヶ月ぶりでしょう、 4ヶ月ぶり?

何よりもうれしいのは、この場所を忘れないでいてくれたことです。まあ、以前から来ていたのと違うリスかもしれませんが、あのチビリスと思っておきましょう。いや、チビリスより若干大きかった気もしますが。いいものいっぱい食べて大きくなったと思っておきましょう。

さっそく蓄えていたリス印クルミ銀行からクルミを2個引き出して、GREEN WALKのリスが通りそうな道に置いておきました。いつ見つけてくれるかな。

台風の影響で1日雨。風に木々が大きく揺れています。

 

| やってくる生きものたち | 16:38 | comments(0) | - |

天然記念物に遭遇、接近。

わかるかな?真ん中にいる茶色の動物。小さなツノが2つ。国の特別天然記念物のニホンカモシカです。

昨日、立場川キャンプ場からウォーキングしましたが、コースの後半、侵入禁止の松茸エリア内で、草をムシャムシャ食べています。

熊じゃなくて良かった。カモシカは穏やかな性格で、私たちをじっと見ていましたが、何もしないとわかると、また草を食べていました。

八ヶ岳の自然は、奥が深いです。

 

今日から始まった恒例「はらむら古楽祭」。前夜祭の昨夜は、茅野市民館コンサートホールで原村古楽合唱団の演奏会がありました。

顔馴染みの人たちが何人も出演。16世紀ルネサンス時代、17世紀バロック時代の音楽演奏を聴いてきました。

そして今日は東京へ。台風がやってくるかもしれないからと、予定を早め、急遽出かけましたが、帰りは立川のイケアへ寄ったりして、ありがたいことに高齢者にも、秋はなんだかんだとプライベートイベントが目白押しです。

 

| 八ヶ岳あちこち | 22:53 | comments(1) | - |

熊出没注意。

今日は、八ヶ岳の自然と文化愛好会(略称SNAC)のカントリーウォークのグループで、立場川キャンプ場から上に上り、阿弥陀聖水を回るハイキングコース10km余りを歩きました。

途中、渓流あり、広葉樹の林あり、暑くもなく気持のいいハイキングコースです。細い丸太4本だけの橋も、なかなかスリリングで、1人1人慎重に渡って行きました。

私は川の中の飛び石を渡りたくて、一旦は下を降りて石の上に立ったのですが、水に濡れた石はツルンツルンで、立っていられず、滑って冷たい川の水の中へ右足を突っ込んでしまい、結局丸太の橋を渡りましたが、靴の中はビチョビチョです。初めから橋を渡ればいいものを・・・。

 

以前、コースの下見に車で行った時、途中の林道に「熊出没注意」の看板がいくつも立ててあったので、この道、熊が出たら怖いからウォーキングのコースでは歩きたくないとアルジと話していたのですが、後半は、やっぱりこの林道を通ることになりました。

今日は8人だったので、これだけ人がいれば熊のほうが逃げていくでしょう。

でも、今日分かったことですが、「熊出没注意」看板はどうやら脅しだったようです。

というのも、その辺一帯は人が入れないようにネットがしてあり、もし入ったら罰金1人50万円と書いてあります。ネットの中は赤松の林。季節は、そう、もうすぐ松茸が出る頃。心なしか、何人かが松茸のにおいがするなどと言い出して、鼻をクンクンしています。

なあんだ、そうだったのか。もしかしたら熊は出るかもしれませんが「熊出没注意」は松茸ドロボウへの警告だったんだと理解できました。

 

| 八ヶ岳あちこち | 23:06 | comments(0) | - |

この時期の花。

昨年のGREEN WALKの写真を振り返ってみました。

比べると、今年は秋明菊などの開花が遅れています。サワフタギの実もまだ瑠璃色になっていません。

秋になればだんだんと花が少なくなっていたGREEN WALKですが、それでも今年はこの時期でもいろんな花が咲いています。

やはりサークルガーデンよりボーダーガーデンのほうが花の咲き具合がわかりやすく、彩りを考えて移植することができるのが1つの理由でしょう。

そのおかげで、あちらこちらで花が咲いてくれて、結果的に昨年より咲いている花が多くなりました。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:47 | comments(0) | - |

変化、大好き。

大好きなリナリアがまだ咲いています。下のほうから新たな花が咲き、ピーク時よりひ弱な印象ですが、これがなかなか、どうして、強靭な植物です。

リナリアが咲き始めるのは6月中旬頃からなので、3ヶ月も咲き続けているわけです。こんなに長寿だったと気づいたのは今年初めて。昨年まではサークルガーデンの1つを陣取っていましたが、今年、GREEN WALKのガーデンデザインを変え、小径の脇にボーダーで植えたことで、存在感が増して初めて、こんなに長寿で咲いてくれてたんだと気づきました。

何かを変えることで、今まで気づかなかったことに気づいて、また新しい発見がある。やっぱり変化は大事なようです。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:35 | comments(0) | - |

現状は甘くない。

GREEN WALKを歩くたび、ぶどうの熟れ具合を見に行きます。

だんだん色づいてくるキャンベル。大きく黒いものを選び、いつも1粒採って味見します。でも相変わらず酸っぱい。

涼しくなるので、このへんが甘さの限界かなと思わないでもありません。でも、ぶどうの房がたくさん下がっているのを見るにつれ、ぶどうが大好きな私としてはワクワクします。

そんな矢先、ぶどうを作っているという方から、たくさんのぶどうをいただきました。農家が作るものは味が全然違って、甘〜い!

この差はなんでしょう。

そうです、GREEN WALKのぶどうは全く手をかけていないというのが答えです。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 23:10 | comments(0) | - |

いらないもの、あります。

1週間ほど間が空きましたが、デッキの工事が再開しました。

道から庭へ鉄材を運ぶのに、庭までクレーン車が入らないので人海戦術です。重い鉄骨や鉄板を1つずつ手作業で運んでもらい組立てました。クレーンが使えたら早くすむ作業も、6人がかりで大変。なんだか申し訳ない気持です。

とりあえず鉄板を敷くと、また景色が変わって、庭が狭く見えます。

鉄板を敷いたこの下が、アルジ待望の物置&作業部屋になります。ここでの暮らしに必要な冬タイヤが車の台数分。薪割り機、各種芝刈り機数台・・・都会生活では考えられなかったものや、沢山のバケツにスコップ類、ガーデン用一輪車2台、そして多くの園芸用品置き場です。

その他にツレアイがどう見ても不要と思われる物がいっぱいありますが、アルジには必要な物らしいです。置くスペースが若干広くなるということは、それだけ物が増えること。

アルジは捨てられない性分なので、ツレアイ自身も捨てられずにすんでいるのかもしれません。ありがたいことで。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:53 | comments(0) | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--