秋のレディーマーマレード。

ひんやりした空気の中、咲く花の種類が少なくなり、淋しくなった秋のGREEN WALKで、四季咲きのバラたちが目を楽しませてくれています。

やさしいアプリコット色で、カップ咲きの花の中に丸い蕾が開いて珍しい姿を見せているのはレディーマーマレード。2014年ローズオブイヤー(英国)受賞のバラです。

 

体育の日の今日、庭でバラの花殻を取っていたら、寒くなってきたので私は早々に引き上げました。一方、アルジは相変わらず庭仕事。でも昼前から小雨が降り出したことで、やむなく家に戻ってきました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:22 | comments(0) | - |

何もないことのありがたさ。

千曲川、多摩川、阿武隈川をはじめ21河川で堤防決壊、そして土砂崩れなどで甚大な被害をもたらした台風19号。

富士見町の今朝は何事もなかったかのような青空が広がっていました。

明るくなって全国各地の被害の様子がテレビに映し出されて、今回は特に水の恐ろしさを改めて見せつけられました。続けざまの台風被害で、対応が追いつかない現実。

いつ、どこかで災害があるたび、破壊された家々、離される家族、無くすものの多さを想像すると、何事もない今の自分がいかに幸せかと教えられます。

ありがたいことにGREEN WALKでは何の被害もなく、咲いていた秋明菊も無事でした。

 

日本が災害に見舞われている中、パリーグではソフトバンクホークスがリーグ優勝、そして、ラグビーワールドカップではスコットランドと凄い試合を繰り広げ、4勝全勝でついに日本史上初の決勝トーナメント進出が決定という歴史的な日になりました。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 16:09 | comments(0) | - |

台風避難。

大雨をもたらした台風19号襲来で、今日は1日中、テレビでは刻々と各地の台風情報が流れています。ここ富士見町では午後から緊急避難勧告が度々スマホにけたたましい音量で表示されてきました。

我が家のあたりも雨は激しく降っていますが、夜になってもGREEN WALKの木々は大きく揺れることはなく今のところ風は大したことはありません。風がひどくなると倒木、停電の心配が出てきますが、長野は台風の左側なので、風はそんなに強くならないと思っています。

万一のためデッキにいる動物たちはサンルームに避難させました。フクロウ、ウサギのペア、リスの作り物ですが、割れたり飛ばされたりしないよう念のために。

この過去最強クラスの台風で、ダム緊急放流や堤防決壊、川の氾濫にさらされていたり、土砂崩れだったり、各地で甚大な被害にあっている人たちには、こんな作り物ごときの避難話は心苦しいのですが。

 

ガラス窓に激しく打ちつける雨のしずくが流れていきます。この秋初めて床暖房を入れました。

 

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:45 | comments(0) | - |

嵐の前の赤いブーケ。

大型台風19号がやってくるということで、日本列島は戦々恐々。テレビでも防衛策をひっきりなしで伝えています。

ここGREEN WALKではお昼から雨が降り出しました。各地で被害がなければいいのですが。

そんなわけで、とりあえず全開のバラを切って花瓶に挿しました。秋に咲くバラはあまり生けないでいたのですが、風雨でどうせ散る運命ですから、それならば飾って愛でてあげたほうがバラも喜びます。

その中から微妙に色合いが異なる赤系5種ーーーディープボルドー、L.D.ブレスウェイト、マリーアントワネット、ダーシー・バッセル、ジプシーソウルをまとめると赤い素敵なブーケになりました。

これを見てアルジが「バラはやっぱり赤だよなあ」と言っています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 16:16 | comments(0) | - |

ノーベル賞、そしてクイーン・オブ・スウェーデン。

ノーベル賞受賞者が連日発表され、昨日は化学賞に旭化成の名誉フェローで名城大教授の吉野彰さんが受賞し、日本中が湧きました。そして今日は文学賞が発表されましたが、今年も村上春樹さんの名はありませんでした。

この時期、ノーベル賞でスウェーデンは世界が注目する国になりますが、GREEN WALKにもスウェーデンにちなんだバラが咲いています。

四季咲きのバラ、クイーン・オブ・スウェーデンはやさしいピンクの花で、茎がスッとまっすぐ伸びてトゲが少ない可愛いバラです。

このクイーン・オブ・スウェーデンはイギリスとスウェーデンの友好条約が結ばれて以来、350年を記念して生まれたバラだそうです。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:58 | comments(0) | - |

イージーゴーイングが気楽にと、語りかけている。

今年も残り2ヶ月半になりました。時間が経つのが速いこと。歳を重ねるほど、転がるように月日が流れるように思えます。

 

今年、広げたバラのスペースに透明感のある黄色のバラが咲いています。

ネームプレートを見ると「イージーゴーイング」。このバラの花のイメージに繋がらないのですが、作出者の趣味でしょう。

「のんびり、おおらかに過ごしたいね」。その暖かい黄色の花がそう語りかけているように思えてきました。こじつけですけど。

消費税が10%に上がったりで、年金生活者はこの先、安穏とはいきませんが、easygoing!  気持は気楽にいきたいものです。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:29 | comments(0) | - |

青空の下、青いノヴァーリス。

デルフィニュームや忘れな草、アンチューサ、ベロニカ・・・ほか青い花はたくさんありますが、青いバラはないといわれています。
そもそもバラには青の遺伝子がないからだそうですが、2010年 ドイツ コルデス社作出で、小説「青い花」の作者の名前からつけられたというノヴァーリスは紫系青バラといわれているものです。

秋の青空の下、我が家の庭にもノヴァーリスが咲いています。渋い薄紫の色合いが美しく、花びらのてっぺん部分が突起しているのが特徴です。強靭で花期は長く、今なお咲いてくれています。

今年は雨が多くて、特に梅雨時はせっかくの蕾が腐ったり、花びらの多くが茶色になったりしました。
誰が見ても珍しい色なので、一枝切って人にあげたいなと思うのですが、花びらに傷が入っていると、やはりこちらが遠慮してしまうことに。
そんなふうで、今年はあまり花瓶に生けることがなかったノヴァーリスでした。 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 15:29 | comments(0) | - |

猫 立入禁止、バードレストラン。

デッキに置いているモミの木の植木箱は、バードレストランとしていつもヒマワリの種を置いています。

昨日の早朝、そのモミの木の根元が黒いもので覆われていました。ん? よーく見ると黒猫がまるでトグロを巻くようにうずくまって、眼だけが光っています。

鳥が朝食に来るのを待ち構えて襲う体勢だったのです。すぐさま、「コラー!!!」と追い払いました。猫は逃げていきましたが、これはきっと襲ったものに味をしめた成功体験があるなと思った出来事でした。ずうっと来てないリスたちも猫に襲われたのかもしれません。

そして今朝、テレビ体操をする時間に起きて、デッキを見ると、昨日の黒猫が同じ所でうずくまって、鳥たちをやっぱり待ち伏せしています。今日は傘を持って「コラー!!!」と追い払いましたが、逃げ足の速い猫のこと。私の声は犬の遠吠えにもならず単なる脅しにすぎません。こんな調子では鳥たちの生命に関わる。何とかしなくちゃ!

そこで植木箱の上に棒を4本立ててみました。早速、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、ゴジュウカラのお客さまがバードレストランにやってきました。棒を立てても鳥たちには何ら影響がないようです。

この辺りは野良猫や飼い猫が時々やってくるのですが、犬派、鳥派の私としては、犬は放し飼いがダメなのに、どうして飼い猫を外に出すことは許されるのかと以前から甚だ疑問に思っています。猫がおとなしく家の中にいるのなら可愛いのですが、リスや鳥を襲って食べたり、ご主人さまに獲物を見せにくるというのですから、うーん、許せない!

そもそも野良猫は飼い主の放し飼いから生まれたもの。猫に罪はなく飼い主の責任です。野良猫だって何かを食べていかないと生きていけないのですから。

それにしても、明日またあの猫が来たら、今度はもう2度と来る気がしない方法はないものかと思案中。

 

夕方見ると、アルジが棒を10本位追加して立てていて、棒が乱立していました。念には念をでしょうが、これではリスがヒマワリの種を食べに来たとしても入れるかなあ。

 

 

| やってくる生きものたち | 16:33 | comments(0) | - |

ひとりじゃ盛り上がれない。

原村の八ヶ岳自然文化園正門前に、友人が4月にオープンしたコミュニティースペース、煉瓦窯で焼く小さなパン工房へ続く小径は、両側に可愛い花が並び、庭の手入れも行き届いて芝生が綺麗です。

1年前までは松などの林の中で日陰の存在だった広葉樹は、松が伐採されたあと邪魔者がなくなったとばかり伸びやかに繁っていますが、この素敵な庭ももうすぐ紅葉の時期を迎えます。

さて、その真向かいにある八ヶ岳自然文化園研修室で、11月10日のコンサートを控えた混声合唱団 岡谷せせらぎ会の秋合宿が、昨日午後から今日午前中まで、みっちりありました。

遠くの人たちはすぐ近くのペンションに泊まり、近場の私は日帰り。昨夜は遅く帰宅してから録画しておいたラグビーワールドカップ日本VSサモアの試合を、結果が分かっているのでヒヤヒヤすることなく安心して観られました。でもアルジはすでに寝ているし、ライブではなくひとりで録画をみるのはやっぱりつまらない。

合唱もラグビー観戦も、ひとりじゃ盛り上がりません。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 16:24 | comments(0) | - |

魅惑の裏に要注意。

香りがよくトゲもない、強靭で育てやすいということで人気のバラ、アイスバーグはGREEN WALKに何本も植えています。

例年より雨が多かった今年は、花は少なめでしたが、いまだに透明感のある白い花を咲き続けています。

今年はアルジがバラのスペースを広げ、新しく70本のバラを植込みましたが、そこにアイスバーグと枝替わりしたバラの1つ、バーガンディ・アイスバーグも加わりました。赤紫色が妙に大人っぽい魅惑的な色合いで、この系統の色が大好きなツレアイとしたらご贔屓筋のバラです。

GREEN WALKのバーガンディ・アイスバーグのもう1つの特徴は花びらの裏側が少し白っぽいこと。魅惑の裏に秘密ありというところがますます気に入っています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 15:28 | comments(0) | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM