冬のカゲロウの命。

最近、家の中でトンボのような小さな虫を3、4匹見かけました。死んでいるものもありますが、窓辺に止まっていたり。

私は昆虫のことをよく知りませんが、カゲロウかもしれません。

ではどこから来たのか・・・。

定かではありませんが、薪ストーブを焚きだしてからと思うので外の薪棚で命を繋いでいて、家に持ち込まれた薪の中にいたのかもしれません。

サンルームで死んでいたカゲロウは掃除機の中に。ガラス戸の下にいた生きているカゲロウは冷たい冬の外へ逃しておきました。

 

| やってくる生きものたち | 21:34 | comments(0) | - |

大型犬とウォーキング。

アルジとウォーキングの帰り、向こうから黒い大きなワンちゃんが2頭、お散歩でやってきました。オーナーに聞くとジャイアントシュナウザーとのこと。大きな足、くるくるした巻毛。♂はショーにも出ていたそうですが、飼い主を噛んだとかで放棄されたいわゆる保護犬。耳の形が後ろに向いているので聞くと、ショー犬としてカットされたんだとか。私から見ると穏やかないい子で「いいオーナーのところに来て良かったね」というと、カールちゃんがすり寄って来ました。目が黒い毛の中に隠れてシャイ、お散歩嫌いのワンちゃんだそうです。

もう1頭は♀のケリーちゃんでお散歩大好き、元気がいい子です。

しばらく立ち話をして別れたあと、知り合いの家の前でラブラドールのベルちゃんと会いました。これからお散歩のようです。

ここでまた立ち話をしていると、さっきのワンちゃんたちが戻って来ました。お散歩嫌いのカールちゃんが頑として先へ動かなかったそうです。

ワンちゃんたちと連れ立っての帰り道は、みんなで闊歩しているようで楽しいです。

夕方近くになると冷えて来ました。明日夜から強い寒気がやってくるようです。

 

| やってくる生きものたち | 21:46 | comments(0) | - |

寒くても水浴び。

朝、デッキのバードバスにヤマガラが水を飲みに来ましたが、あれっ?っと首をかしげた感じで飛び去っていきました。確かめに行くと、やっぱり水は凍っていたのでした。この秋初めて、5mmほどの薄氷が張っています。

すぐに水を換えておくと、しばらくして飲みに戻って来ました。小さな嘴で4、5回、飲む水の量もたかが知れていますが、喉は潤ったのかな。

夕方になると、ヤマガラやシジュウカラが水浴びにやって来ます。ヤマガラがパシャパシャしているそばでシジュウカラが順番待ちしている様子も可愛いです。

 

夏の初めにデッキのクレマチスの葉陰にかくれている巣箱は、営巣中だったシジュウカラの雛がイタチかテンに襲われましたが、今度はその巣箱ごと、デッキに転がっていました。紐が緩んだのか、また小動物がやって来て落としたのかわかりませんが、もう同じところに巣箱は掛けられないなと思っています。

 

| やってくる生きものたち | 23:15 | comments(0) | - |

鹿の群れ。

いよいよ明日は混声合唱団 岡谷せせらぎ会のコンサート。今日は午後から夜9時までリハーサルでした。毎週火曜日に、片道1時間余りの岡谷まで練習に通ったその1年間の成果を明日はお客さまにご披露します。

今夜、そのリハーサルを終え、我が家まであと100mほどのところで鹿が5、6頭たむろしていました。

車のヘッドライトに浮かび上がった鹿たちは逃げるわけでもなく、こちらの動き次第でどうしようかと考え中のようでした。

八ヶ岳は紅葉の季節とはいえ、今はまだ鹿の食べ物の緑がたくさんあります。この辺りの鹿は害獣として駆除されますが、私はこうやって鹿の姿を見られるのは、なんだか平和で好きです。

 

| やってくる生きものたち | 22:28 | comments(0) | - |

スズメバチはブドウがお好き。

リビングのテーブルの上の菓子皿に頂き物のお菓子を入れて置いていたら、なんとキイロスズメバチが袋をこじ開けようとしていました。でもスズメバチでもプラ袋に穴を開けるのは苦戦しているようです。

スズメバチはブドウが好き。2年前、GREEN WALKになっていた豊作のキャンベルが食べごろにスズメバチから横取りされて、全滅したことがあります。

そして今日、穴を開けようとしたお菓子もマスカット味のひとくち羊羹。このスズメバチはブドウ味を知っててどうしても食べたかったのかなと、ちょっと怖くなりました(笑)。

やはり2年前の秋の夜、スズメバチに刺されたことがあります。昼間に家の中に入ってきたのでしょう、テーブルの下で気づかずにいたのですが、足の甲に鋭い痛みが走りました。すぐ蜂に刺されたとわかったのですが、痛い痛いと飛び上がるツレアイに、もう寝ていたアルジからはキンカンでも塗ってたらいいと、軽くあしらわれました。翌日もアルジはレモン液を塗ればいいとか言っていましたが、とりあえず私は病院へい行ったのかな、忘れてしまいました。家にあった軟膏で済ませたかもしれません。

その1週間後のことでした。全身ジンマシンを発症して、救急外来を受診、点滴してもらったりしてその後、改めて検査をしてもら

たらスズメバチとアシナガバチの抗体があったということでした。スズメバチだけでなく、その5年ほど前にもアシナガバチに刺されて、その時もキンカン、キンカンというアルジでしたが、病院で薬をもらったことがあります。そんなに前のことなのに、血液検査でわかるなんて空恐ろしや。

と、過去にそんな経験もあり、軍手をして触らないように慎重を期してポリ袋でキイロスズメバチを捕まえ、何重もポリ袋をぐるぐる巻きにして捨てました。

生き物だからできることなら外に放ってやりたいのですが、いつまた知らない間に家の中へ入られて刺されたら、今度はアナフィラキシーショックで私の生命に関わることになっています。2度と刺されないように、そしてもし刺されたらエピペンという補助治療剤を自分で注射して応急処置するよう病院で処方されました。

でも実を言えば、有効期間はすでに1年前に切れているのですが。だから病院で交換してもらうまでは絶対、スズメバチに刺されるわけにはいかないのです。

 

| やってくる生きものたち | 17:11 | comments(0) | - |

猫 立入禁止、バードレストラン。

デッキに置いているモミの木の植木箱は、バードレストランとしていつもヒマワリの種を置いています。

昨日の早朝、そのモミの木の根元が黒いもので覆われていました。ん? よーく見ると黒猫がまるでトグロを巻くようにうずくまって、眼だけが光っています。

鳥が朝食に来るのを待ち構えて襲う体勢だったのです。すぐさま、「コラー!!!」と追い払いました。猫は逃げていきましたが、これはきっと襲ったものに味をしめた成功体験があるなと思った出来事でした。ずうっと来てないリスたちも猫に襲われたのかもしれません。

そして今朝、テレビ体操をする時間に起きて、デッキを見ると、昨日の黒猫が同じ所でうずくまって、鳥たちをやっぱり待ち伏せしています。今日は傘を持って「コラー!!!」と追い払いましたが、逃げ足の速い猫のこと。私の声は犬の遠吠えにもならず単なる脅しにすぎません。こんな調子では鳥たちの生命に関わる。何とかしなくちゃ!

そこで植木箱の上に棒を4本立ててみました。早速、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、ゴジュウカラのお客さまがバードレストランにやってきました。棒を立てても鳥たちには何ら影響がないようです。

この辺りは野良猫や飼い猫が時々やってくるのですが、犬派、鳥派の私としては、犬は放し飼いがダメなのに、どうして飼い猫を外に出すことは許されるのかと以前から甚だ疑問に思っています。猫がおとなしく家の中にいるのなら可愛いのですが、リスや鳥を襲って食べたり、ご主人さまに獲物を見せにくるというのですから、うーん、許せない!

そもそも野良猫は飼い主の放し飼いから生まれたもの。猫に罪はなく飼い主の責任です。野良猫だって何かを食べていかないと生きていけないのですから。

それにしても、明日またあの猫が来たら、今度はもう2度と来る気がしない方法はないものかと思案中。

 

夕方見ると、アルジが棒を10本位追加して立てていて、棒が乱立していました。念には念をでしょうが、これではリスがヒマワリの種を食べに来たとしても入れるかなあ。

 

 

| やってくる生きものたち | 16:33 | comments(0) | - |

水浴び大好き、ヤマガラちゃん。

雨が上がった午後、鳥たちが水浴びにきました。バシャバシャ、バシャバシャ・・・。音は聞こえませんが、羽を広げて派手に水を浴びている様子から、その気持よさが伝わってきます。このヤマガラちゃんは長風呂。いつまでも水浴びしていました。

それより以前に、もう1つのバードバスではジョウビタキが、これまた長いことバードバスに浸かっています。この鳥は水浴びというよりお風呂に入ってますというように、バシャバシャせず、ジッとしていました。毛にいっぱい空気を入れて、いつものジョウビタキではないようにぷっくり膨らんでいます。

その姿から気温は低いのかなと思い、外に出てみましたが、比較的暖かい空気が包んでくれました。

 

| やってくる生きものたち | 21:32 | comments(0) | - |

私は、いい人に見えたのだろうか。

リスがまったく来てくれなくなりました。どうしたのでしょう。デッキに置いたクルミはなくならず、雨にさらされています。

バラの防寒に使う藁の束を一時積んでいた薪棚には、クルミの殻がたくさんあったとアルジが言っていました。もしかするとリスが寝ぐらとは別に別荘として使っていたのかもしれません。デッキに置いたクルミをテイクアウトして、ここで食べていたのかも。

その藁をデッキ下に新たに作った小屋に収納したのが夏。それ以来、来なくなった気がします。野良猫にやられたのかなと心配はつきませんが、こちらは待っているだけの身。

たまに鉢巻道路を横切っているリスを車から見かけることがあります。本当にちっちゃなリスが大急ぎで走って、右往左往しながら草むらに隠れていく姿を見るたび、かわいいと思うと同時に、1人で生きていて偉いなあと、私は大の大人ながら感心しています。

 

駆除で、ひところよりあまり見かけなくなった鹿たち。でも最近は、その駆除もこの時期はストップしているのか、時々家の近くでも見るようになりました。すぐ前でそっと車を止めて見ていると、しばし動かずジッと私を見ています。「この人は、いい人か、悪い人か」と見極めているように見えます。

 

| やってくる生きものたち | 20:50 | comments(0) | - |

虫たちの事情。

GREEN WALKではサワギキョウがあちこちで咲いています。その紫の花の蜜を吸っているヒョウモンチョウ、翅が大きく欠けていました。人あるいは猫とか、誰かに捕らわれてかろうじて逃げられたのかなと勝手に想像しました。

翔ぶのにバランス悪いだろうな、苦労してるかもしれないなあ。でも蜜を吸うのには支障はないようです。

今年はカメムシが例年より少ない気がします。カメムシはバラの柔らかい芽から汁を吸ったあげく枯らせてしまうので、花びらを食べるコガネムシと同様、バラの大敵。梅雨が長かったことも影響してるのかもしれません。

虫の世界にもいろいろ事情があるようで。

 

| やってくる生きものたち | 15:45 | comments(0) | - |

休みボケ。

今日も暑い日になりました。2日間留守にしていたGREEN WALKは台風の影響もなく、またアルジは庭にカムバック。早速、雑草取りを復活です。

2人でティーラウンジでコーヒーブレイクしていたら、ヤマガラが頭上のバラのフェンスに留まって毛づくろいを始めました。私たちがいるのを知ってのこと。ヤマガラのこういうところが可愛いとこ。

毎日が日曜日の私は、特に最近、曜日の観念が疎くなり、今日は月曜日とばかり思っていました。そのため混声合唱団 岡谷せせらぎ会の練習日をうっかり忘れてしまって、結局お休みしました。アブナイ、アブナイ。

夜になると一時、稲光ピカピカ、ゴロゴロと、雷の天下になりました。

 

| やってくる生きものたち | 20:45 | comments(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM