猫 立入禁止、バードレストラン。

デッキに置いているモミの木の植木箱は、バードレストランとしていつもヒマワリの種を置いています。

昨日の早朝、そのモミの木の根元が黒いもので覆われていました。ん? よーく見ると黒猫がまるでトグロを巻くようにうずくまって、眼だけが光っています。

鳥が朝食に来るのを待ち構えて襲う体勢だったのです。すぐさま、「コラー!!!」と追い払いました。猫は逃げていきましたが、これはきっと襲ったものに味をしめた成功体験があるなと思った出来事でした。ずうっと来てないリスたちも猫に襲われたのかもしれません。

そして今朝、テレビ体操をする時間に起きて、デッキを見ると、昨日の黒猫が同じ所でうずくまって、鳥たちをやっぱり待ち伏せしています。今日は傘を持って「コラー!!!」と追い払いましたが、逃げ足の速い猫のこと。私の声は犬の遠吠えにもならず単なる脅しにすぎません。こんな調子では鳥たちの生命に関わる。何とかしなくちゃ!

そこで植木箱の上に棒を4本立ててみました。早速、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、ゴジュウカラのお客さまがバードレストランにやってきました。棒を立てても鳥たちには何ら影響がないようです。

この辺りは野良猫や飼い猫が時々やってくるのですが、犬派、鳥派の私としては、犬は放し飼いがダメなのに、どうして飼い猫を外に出すことは許されるのかと以前から甚だ疑問に思っています。猫がおとなしく家の中にいるのなら可愛いのですが、リスや鳥を襲って食べたり、ご主人さまに獲物を見せにくるというのですから、うーん、許せない!

そもそも野良猫は飼い主の放し飼いから生まれたもの。猫に罪はなく飼い主の責任です。野良猫だって何かを食べていかないと生きていけないのですから。

それにしても、明日またあの猫が来たら、今度はもう2度と来る気がしない方法はないものかと思案中。

 

夕方見ると、アルジが棒を10本位追加して立てていて、棒が乱立していました。念には念をでしょうが、これではリスがヒマワリの種を食べに来たとしても入れるかなあ。

 

 

| やってくる生きものたち | 16:33 | comments(0) | - |

水浴び大好き、ヤマガラちゃん。

雨が上がった午後、鳥たちが水浴びにきました。バシャバシャ、バシャバシャ・・・。音は聞こえませんが、羽を広げて派手に水を浴びている様子から、その気持よさが伝わってきます。このヤマガラちゃんは長風呂。いつまでも水浴びしていました。

それより以前に、もう1つのバードバスではジョウビタキが、これまた長いことバードバスに浸かっています。この鳥は水浴びというよりお風呂に入ってますというように、バシャバシャせず、ジッとしていました。毛にいっぱい空気を入れて、いつものジョウビタキではないようにぷっくり膨らんでいます。

その姿から気温は低いのかなと思い、外に出てみましたが、比較的暖かい空気が包んでくれました。

 

| やってくる生きものたち | 21:32 | comments(0) | - |

私は、いい人に見えたのだろうか。

リスがまったく来てくれなくなりました。どうしたのでしょう。デッキに置いたクルミはなくならず、雨にさらされています。

バラの防寒に使う藁の束を一時積んでいた薪棚には、クルミの殻がたくさんあったとアルジが言っていました。もしかするとリスが寝ぐらとは別に別荘として使っていたのかもしれません。デッキに置いたクルミをテイクアウトして、ここで食べていたのかも。

その藁をデッキ下に新たに作った小屋に収納したのが夏。それ以来、来なくなった気がします。野良猫にやられたのかなと心配はつきませんが、こちらは待っているだけの身。

たまに鉢巻道路を横切っているリスを車から見かけることがあります。本当にちっちゃなリスが大急ぎで走って、右往左往しながら草むらに隠れていく姿を見るたび、かわいいと思うと同時に、1人で生きていて偉いなあと、私は大の大人ながら感心しています。

 

駆除で、ひところよりあまり見かけなくなった鹿たち。でも最近は、その駆除もこの時期はストップしているのか、時々家の近くでも見るようになりました。すぐ前でそっと車を止めて見ていると、しばし動かずジッと私を見ています。「この人は、いい人か、悪い人か」と見極めているように見えます。

 

| やってくる生きものたち | 20:50 | comments(0) | - |

虫たちの事情。

GREEN WALKではサワギキョウがあちこちで咲いています。その紫の花の蜜を吸っているヒョウモンチョウ、翅が大きく欠けていました。人あるいは猫とか、誰かに捕らわれてかろうじて逃げられたのかなと勝手に想像しました。

翔ぶのにバランス悪いだろうな、苦労してるかもしれないなあ。でも蜜を吸うのには支障はないようです。

今年はカメムシが例年より少ない気がします。カメムシはバラの柔らかい芽から汁を吸ったあげく枯らせてしまうので、花びらを食べるコガネムシと同様、バラの大敵。梅雨が長かったことも影響してるのかもしれません。

虫の世界にもいろいろ事情があるようで。

 

| やってくる生きものたち | 15:45 | comments(0) | - |

休みボケ。

今日も暑い日になりました。2日間留守にしていたGREEN WALKは台風の影響もなく、またアルジは庭にカムバック。早速、雑草取りを復活です。

2人でティーラウンジでコーヒーブレイクしていたら、ヤマガラが頭上のバラのフェンスに留まって毛づくろいを始めました。私たちがいるのを知ってのこと。ヤマガラのこういうところが可愛いとこ。

毎日が日曜日の私は、特に最近、曜日の観念が疎くなり、今日は月曜日とばかり思っていました。そのため混声合唱団 岡谷せせらぎ会の練習日をうっかり忘れてしまって、結局お休みしました。アブナイ、アブナイ。

夜になると一時、稲光ピカピカ、ゴロゴロと、雷の天下になりました。

 

| やってくる生きものたち | 20:45 | comments(0) | - |

トンボの行列

赤トンボが俄然多くなりました。GREEN WALKのいたるところに止まっています。

それぞれの支柱のてっぺんに1匹ずつ止まって、羽を休めています。それがみんな同じ方向を向いているので、トンボは方向検知力があるのか、単なる偶然なのか。私が指を掲げると、止まろうとする天然もいます。

コガネムシと違ってバラの花びらを食べるわけではないので、そっとしています。

 

| やってくる生きものたち | 21:36 | comments(0) | - |

お構いなく。

大きなカマキリが砂利の上でじっとしています。茶色の地味なカマキリ。少し弱っているようにも見えます。

アルジが長靴の先で突っつこうとしますが、動こうとしません。カマキリは砂利の上では似合わないので、掴んで草の上に移動させましたが、やはりジッとしたまま。お構いなくと言いたげです。動きたくないこともあるでしょうからそっとしておきましょう。

 

佐賀県始め九州北部は豪雨で大きな被害が出ています。ここ富士見は被害など出ていませんが今週はどうやらお天気が悪そうです。

 

| やってくる生きものたち | 21:53 | comments(0) | - |

イボガエルが来た。

GREEN WALKで草取りをしていたアルジから「見せたいものがあるから来てごらん」と携帯で家にいる私に電話して来ました。

なになに?とばかりスマホ持って出たところ待っていたのはカエルでした。「箒ではこうと思うんだけど逃げなくて邪魔するんだよ」とアルジが言います。

土色の醜い蛙の子っていう感じ。よく見るとイボイボがあるので単純にイボガエルと思いました。

サイトで調べると、イボガエルはツチガエルのことで、体長約5センチで、北海道から九州の水辺に広く分布とあります。この近くに水辺は思い浮かばないのですが。

イボガエルはヘビにかまれるなどの危害を受けると、背中のイボから青臭い汁を出し、この分泌液のおかげでヘビに食べられないそうです。

九大生態科学研究室のメンバーが試しにイボガエルを舐めてみたら、渋柿のような味で、分泌液を口に含むと舌が1、2時間ほどマヒしたようにしびれ、感覚がなくなったと、サイトの記述にありました。

ヒエー!!このイボガエルを舐める人がいるなんて・・・。

 

| やってくる生きものたち | 21:02 | comments(0) | - |

嬉しい鳥、悲しい鳥。

昨日うれしいことに、ヤマガラちゃん2羽が久々に遊びに来ました。ヤマガラ大好き人間としては、おもわず目を細めて見入ってしまいます。

1羽はデッキの水場で水浴び、もう1羽は椅子の背もたれにとまって、その水浴びの様子を見ています。仲のいい夫婦かな。

そうそう、ゴジュウカラも久しぶりに来ました。鳥が山から降りてきた季節を感じます。

同じ日の朝のことでした。サンルームのガラス戸に当たる音がしました。見に行くとデッキに鳥が横たわっています。手に乗せると温かさが伝わるけれど即死のようです。ジョウビタキのメスでした。いつも囀っているあのジョウビタキのパートナーかもしれません。もしそうだとしたら突然いなくなったパートナーを探しているだろうなと思うと、申し訳ない気分になります。家の前の林に、アルジに穴を掘ってもらってヒマワリの種を添えて葬りました。

 

| やってくる生きものたち | 22:23 | comments(0) | - |

結婚相手よく見つけたね。

いつものようにGREEN WALKのコガネムシ捕獲パトロールをしていた時です。バラの葉に、コガネムシのようで、もしかしたらコガネムシではない虫が2匹重なっていました。

いつもの黒いコガネムシより細身、色は若草色、足は少しブルーがかっています。こんな色のコガネムシは初めて。珍しいので見逃してやろうかなとは思いましたが、どうせバラの花びら食べるはずと、特別扱いはやめて、水を入れたペットボトルにしっかり捕獲。

面白いのは、小さな黒いコガネムシばかりがいるこの庭で、この2匹、同じ種類の相手をよく見つけたなということでした。どこから来たんでしょう、どうやって出会ったんでしょう。

 

| やってくる生きものたち | 22:35 | comments(0) | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM