梅雨時の巣立ち。

天気が回復して梅雨の晴れ間、ハルゼミの大合唱が聴こえます。それに混じって時折、何種類かの鳥の鳴き声が絡んできてなかなか賑やかです。

昨日の午前中、庭仕事をしていると、デッキの巣箱の親鳥が小さな幼虫を咥えながら私たちに「あっちへ行って」と頻繁に警戒の鳴き声を発していたので、シジュウカラの巣立ちもそろそろかなと思っていました。でも午後の雨で今日はやめたほうがいいんじゃないと教えてあげたいところでしたが、あれからどうしたのでしょう。

今朝は親鳥が飛んでくる姿を見ないので、巣立ちしたようです。もしかしたら昨日の雨の中を巣立って行ったか、あるいは雨上がりの今朝早く巣立ちしたのかわかりませんが、無事育ってくれればいいなと願うだけです。梅雨時の巣立ちは雛にとっては体が冷えたり、親にとっては餌探しが大変だろうと察します。

 

雨の日の巣立ちで思い出すのは6、7年ほど前。やはりデッキの巣箱からヤマガラが巣立っていきましたが、末っ子の巣立ち時には激しい雷雨で雛が窓ガラスの下で雨に濡れながら立ちすくんでいました。雨の音、雷の音で親鳥の呼ぶ声もかき消され聞こえるはずがありません。

もう夕暮れで、これでは生きるのは無理だろうと保護することにしました。そっと手を差し出すと、その末っ子が乗ったので、この夜は我が家で宿泊させました。紙の箱に入れ、底にカイロを貼り付けて、さあ、餌はどうすればいいの?と家の中を探して見つけたのは1匹のハエの死骸。もう硬くなっています。ないよりはいいかな、気持だけですけど、と。

翌朝早く、箱を外に向けると、雛鳥は元気に飛び立ってフェンスに留まっていたところを、心配していた親鳥が迎えに来ました。とてもドラマチックな巣立ちでした。箱の中にはハエはそのまま残されていて、やっぱり雛の食欲をそそるものではありませんでしたね。

 

今日は梅雨の晴れ間も続かず、不安定な天気で3時頃から大雨。アルジが苦労してGREEN WALKに蒔いた芝生の種が、部分的に雨に流されてしまっています。

夜も断続的に激しい雷雨です。

 

 

 

 

 

| やってくる生きものたち | 10:48 | comments(0) | - |

元気にススメ、スズメたち。

GREEN WALKではスズメを見ることがありませんが、原村の友人宅では東屋の天井に下げていたカゴの中でスズメが営巣し、その雛たちが巣立ちして、今やデッキに置かれた餌を親子共々仲良く食べています。

どうやら雛は8羽いるようで、時々親鳥に口移しで食べさせてもらっている甘えっ子もいます。それぞれに性格があり、ひとりでただ黙々と食べている子、兄弟と一緒に並んで食べる子、やがて食べ疲れたのか、まるでお座りしているように動かない子、2羽で向き合っている子・・・、そこへ、ヒヨドリがスズメを蹴散らして餌を独り占めしたりと、見ていて飽きることがありません。

雛たちは嘴の付け根にまだ黄色いのが残っています。そう、嘴が黄色いのは「年が若くて経験の足りないことをあざけっていう言葉」の語源ですが、今日のスズメたちを見れば、どれが親鳥で、どれが子供というのが分別できて楽しかったです。

ムカシ、福岡にいた頃、小さな庭に餌台を置き、毎朝、粟をやっていたところ、5、60羽のスズメが我れ先に餌台に群がり、毎朝大騒動していました。見上げれば電線にもズラッとスズメが並んでいます。

するとある日、お隣とお向かいのご主人2人がやってきて「スズメは害鳥だから餌をやるのはやめてくれ」と母に文句を言ってこられたことがあり、母からご近所迷惑になるから、もう餌を与えないようにと駄目押しされたことを思い出しました。

スズメは可愛い。ムカシ、仕事で忙しかった時、ホッピングして街を歩くスズメを見て元気をもらっていました。

楽しく育て、スズメたち。前へ進め!

 

| やってくる生きものたち | 19:57 | comments(0) | - |

巣箱を飾るクレマチス。

巣穴から飛び立とうとしているのシジュウカラの親。デッキの巣箱では1週間ほど前から親鳥2羽が入れ替わり立ち替わり、日暮れ前までせっせと雛へ餌運びしています。

ちょうどクレマチスが満開で、巣箱の片側を隠しているため、シジュウカラにとってはカモフラージュできる安心材料です。モンタナのバニラのような甘い香りに包まれて、雛ちゃんたちはスクスクと育っていることでしょう。

今日は軽トラでアルジが牛糞を運んで来ました。これで4回目です。芝の種蒔きに執念を燃やすアルジは連日の作業で疲れるのも当然で、夜、テレビを観ているアルジの機嫌が悪く、ツレアイとしてはいい迷惑。

「好きなことして、そんなに機嫌が悪いのなら芝生の種蒔きなんてやめたら?」と言うと「ヤクルトが負けてるから機嫌が悪いんだ」と。中日ドラゴンズと8対9で負けている最中でした。

結果は8対10でやっぱり負け。ヤクルトスワローズは、なんと11連敗です。弱いから負けるのさ。

 

 

 

| やってくる生きものたち | 19:20 | comments(0) | - |

シジュウカラ三択問題。

デッキの巣箱は、4月初めにシジュウカラが苔など巣材を咥えてしきりに運んでいました。その後、気配がなくなったので卵を温めてるのかなあと思っていましたが、中旬に思いがけない寒気が居座ったので、順調に営巣してるのか気になっていました。孵化したとしてもこんなに寒かったら餌になる幼虫もまだいないだろうに、と。

最近、その巣箱のまわりをシジュウカラの気配がしているので雛が孵化したかなと思っていたところ、今日、ふわふわの毛のような巣材を咥えて巣箱の中に入っていくシジュウカラがいました。

あれっ?どうなってるんだろう。今頃、巣材を運んでいるのは、どういうこと?4月の営巣を中断したのか、それとも順調に営巣していて、柔らかな巣材を見つけたので補充したのか、あるいは全然違う夫婦が営巣を始めたのか、疑問が残ります。

 

| やってくる生きものたち | 20:15 | comments(0) | - |

ひとりレスリング。

昨日の思いがけない積雪で、屋根から雪解けの水が音を立てて落ちてきます。デッキに飛び散ったその水滴が窓ガラスに水玉模様を描いています。

ずいぶん久しぶりにリスがやってきました。ずっと姿を見ないので気になっていましたが、デッキに積もった雪の上を走る姿に安堵しました。飼い猫か野良猫かわかりませんが、近くで猫を見かけるので心配していたところです。

さて、そのリスは誰かな?倒れたバードフィーダーとレスリングしているように、バードフィーダーを抱え込むようにして、中のヒマワリの種を食べようとしていました。はたしてどれほどの種が食べられたか・・・。あまり長居しなかったところをみるとお腹を満たすまではいかなかったようです。でも、あとでモミの木の根元にいるのを見たので満足してもらえたでしょう。

 

| やってくる生きものたち | 20:38 | comments(0) | - |

令和が連れてきた雪景色。

4月1日、朝は青い空が広がるすばらしいお天気でした。

新しい年号「令和」が発表されたこの日、テレビでは発表前から一日中、この新年号の話題が続いています。エイプリルフールのエの字も話題になっていません。

 

今日はチェロの先生のレッスンでした。私が弾くチェロの音には響きがないので、やれチェロが悪い、弓が悪いと、自分の力量のなさを冗談半分に楽器のせいにしていましたが、先生が私のチェロで弾いてみると、よく響いた音になります。

どこが違うんだろう。毎回そう思います。それが、先生と生徒の違いですけれど。でも先生とアンサンブルすると自分では不思議に上手に聴こえて楽しいです。

寒気が流れ込み、夕方から細かい雪が降り出しました。

そんな中、6時近くになっても1羽のシジュウカラが、雪の積もったモミの木の根元でまだヒマワリの種を食べています。雪がどんどん降って、もう薄暗くなっているのに・・・早く帰らないとおうちへ帰れないよと、心配になります。

そのシジュウカラは植木箱の縁でしばらくジッと考え事をする様子で留まっていましたが、6時過ぎに西側の林のほうへ飛んで行きました。

どこに寝ぐらはあるのでしょう。どこで仲間が待っているんでしょう。それを確かめに一緒に飛んでいきたい気持でした。

夜、雪はやんでいますが、今7cmほど積もっています。

 

| やってくる生きものたち | 18:39 | comments(0) | - |

消極的ヒヨドリ。

噂をすれば何とやらで、昨日、リスが来ないと心配してたら、今日、デッキの向こうのバラの垣根から、モミの木の根元に撒いたヒマワリの種を目指して登場です。あれは多分リス姐さん。

あ、来た来たと、喜んでしばらく、リスがいることをアルジが忘れてうっかりサンルームのほうへ行ったため、その動きに気づいて行ってしまいました。せっかくお食事中だったのに、気の毒なリス姐さん。

最近よくデッキに来るのは、ヒヨドリです。都会でよく見たヒヨドリはスズメを追い散らしたり、こちらが追い払うと、捨て台詞の鳴き声をあげて飛び去る印象があるのですが、GREEN WALKのデッキへ水を飲みに来るヒヨドリちゃんはどこか遠慮気味。デッキのちょっと向こうに留まってなぜかジッとしているので、水なんてタダなんだから、遠慮せずにどうぞと言いたくなります。

バードバスの縁に留まって水を飲む様子を見ると、飲みにくそう。長い嘴をちょっと寝せて本人なりに工夫しているようです。もしかしたら「あああ、水が少ないな、もうちょっと沢山入れといてよ」と言いたいのかもしれません。

 

| やってくる生きものたち | 21:27 | comments(0) | - |

鳥さん専従清掃係。

最近、リスの姿がありません。来るのは相変わらず鳥達ばかり。鳥は大好きなので歓迎ですが、リスが来ないのは気になるところです。

デッキには冬の間、鳥さんたちが残したヒマワリの種の殻が沢山落ちて、掃除しなくちゃと思いながら、暖かくなったらと、延ばし延ばしになっています。

鳥さん達と言っても、シジュウカラやヤマガラは、1粒くわえて飛んでいき,別の場所で食べることが多いので、ほとんどはあまり歓迎でないカワラヒワたちが食べ散らかしたあと。

春が来る前に、早いとこ、巣箱の掃除もしておきたいところです。

 

| やってくる生きものたち | 23:21 | comments(0) | - |

ヒヨドリの訴え。

部屋の窓から外を覗いた時、たまたまヒヨドリがサーっとこちらへめがけて飛んできて、窓のすぐそばのフェンスに止まりました。

ヒヨドリはジューンベリーの実がなっている時は頻繁に来るのですが、ヒマワリの種は食べないので、GREEN WALKに来てもこの季節には 何を食べにくるのかな。こうやって人がいるほうへ飛んでくるのは珍しいことです。ヒヨドリは何を言いたかったのでしょう。何かを訴えたかったのもしれませんが、私では役不足です。

朝から雪がチラチラしていましたが、午後には一時激しく降っていました。積もりはしませんが寒くなり、さすがのアルジも今日のところは庭仕事を諦めました。

 

 

 

 

| やってくる生きものたち | 22:52 | comments(0) | - |

私、いい人。

車で通りかかった近所の庭に鹿が6、7頭。この辺りで鹿を見るのは久し振りです。

私と目が合い、おたがい少し離れて暫し見つめ合ったまま。まるで恋する2人のようです。鹿の目は可愛い。向こうは私のことを良い人か悪い人か見極めようと固まってるだけですけど。

奈良公園の鹿と違って、富士見高原一帯の鹿は気の毒に、害獣として駆除が行われているので、こんなとこにいたら殺されちゃうよと思わず独り言。

そういうわけで、以前は鹿を毎日のように見かけていましたが、最近はこの辺りを歩く鹿をあまり見かけなくなりました。もっとも今冬は雪が少なかったので、山の上のほうにいたのでしょう。

 

 

 

 

| やってくる生きものたち | 19:25 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM