今日の、あの日。

お天気も良く穏やかな日曜の午後、ウォーキングの途中で1羽のエナガに会いました。

エナガは群れでいることが多く梢から梢へ飛ぶのをよく見かけますが、今日は1羽ですぐそばの木の幹の低いところや水道メーターの上に止まったりしながら、私たちの姿は気にしていない様子。どうやら巣材を見つけるのに一生懸命なのでしょう。

いよいよ鳥たちの愛の巣づくりの季節、到来というところのようです。

 

3月12日。今日は愛犬・樹林(ジュリン)が天国へ行って丸5年。まだまだ寒かったけれどいいお天気の、あの日でした。

 

| スペシャル サンクス | 20:57 | comments(0) | - |

天国の愛犬・樹林へ、Happy Birthday!

今日5月20日は愛犬・樹林(ジュリン)の誕生日。“世界の王貞治さん”と同じ誕生日です。
樹林が生きていたら18歳。15歳で天国へ行きました。とりわけハンサムな、本当に可愛いシーズーでした。

ここ八ヶ岳で樹林が暮らしたのは1年足らず。もう、眼も見えなくなってしまってたので、ここの自然は見ることはできなかったし、私たちのガーデンGREEN WALKにも芝生はなく、歩くこともできなかったし、花の香りも知らなかったし。。。それでも鳥のさえずりや、風のにおいは存分に感じたことでした。
亡くなる前の数か月は、膀胱結石で、おしっこしたいけど、なかなか出ない状態で、かわいそうでした。
真冬の真夜中、外でおしっこをしたがって私たちを起こします。氷点下十何度。。。家の前の道も積雪や凍ってもいるので、樹林に防寒着を着せ、小さな防寒靴を履かせるのももどかしく思えました。
冬の痛いほどの冷たさの中で、ポタリ、ポタリと点滴のようなおしっこするのを、私たちはきれいな冬の星空を見上げながら長いこと待ったものでした。
楽しいことや元気を、樹林からいっぱいもらった15年間。
感謝をこめて、バースデーケーキがわりに、庭の花と大好きだったチーズを供えました。



 
| スペシャル サンクス | 18:47 | comments(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--