ローカル イルミネーション。

この地域のクリスマスイルミネーションというと、家から15分の原村。毎年、12月近くになると同じ場所で点灯されます。

大都市のイルミネーションとは比較にならないほどささやかなイルミネーションですが、私たちが住む富士見町にはないものなので、見ればやはりこれはこれでクリスマスシーズンを演出するものとして、車を停めて眺めています。

人通りはなく、賑わいもまったくない淋しいところなので、余計に明るいここだけが異様に目立ち、セロリ栽培農家さんのおかげでリッチな行政の原村の風情かなと思います。

 

| 八ヶ岳あちこち | 21:55 | comments(0) | - |

遊覧カートで紅葉見物する人。

八ヶ岳は今、紅葉の秋を迎えています。今年は雨が多かったせいで紅葉はあまり美しくないと思っていたら、ここにきて鮮やかさを増してきました。家の前の道沿いのモミジも、今、見頃です。

車で1,2分の八峯苑鹿の湯へ行くと、駐車場は車でいっぱい。このホテルの日帰り温泉に人が多ければ入るのをやめようと、係の人に聞くと、「天空の遊覧カート」に乗っての紅葉見物のお客が多いとのこと。

そういえば昨日、ゴルフの打ちっ放しに行くのに通りかかったら、広い駐車場は満車。アルジと何のイベントをやってるのだろうと話していたのですが、紅葉見物の観光客だったんですね。

「天空の遊覧カート」は4人乗りの自動運転カートで、標高1420mの頂上までの片道25分間、何もしなくても展望台まで連れていってくれるので、高齢者も幼い子供も、ワンちゃんも一緒に乗って、ゆっくり景色が楽しめます。そして終点の望郷の丘展望台からは、富士山、北岳、奥穂高の日本三大高峰が見えるというスケールの大きな絶景が待ち受けています。

遊覧カートに乗って楽しむ紅葉。なるほど、その手があったのか、

 

| 八ヶ岳あちこち | 21:30 | comments(0) | - |

白駒池ウォーキング&登山。

「富士見高原の自然と文化愛好会(略称SNAC)」のカントリーウォークのグループで北八ヶ岳の白駒池へ行きました。

紅葉にはまだ早い時期ですが、連れて行ってもらう私は白駒池の名前は知っていても前知識もなく、当然、初めて。苔むした原生林の中を「高見石」目指して40分、歩きました。

道は木道などが多くあり整備されて歩きやすいですが、そこまではいいとして、さあ、標高2225mの山頂「高見石」へ。ここは巨大な岩を、天からドスンドスンと落としたように無造作に積み重なった岩の高台で、両手を使わないと登れません。よくまあ、こんな岩山があるものだと時々屁っ放り腰になりながら慎重に登って行きました。

北八ヶ岳のビュースポット「高見石」からは麓の白駒池が小さく見えます。白駒池は標高2100m以上の湖としては日本最大の天然湖だそうです。「高見石」からはこれまた慎重に慎重を重ねて降りて行きますが、私たち高齢者とは違って、そこで出会う若い女の子はスッとスッと登り下りしていきます。

無事に「高見石」の下まで下りてお弁当。ひと休みしたあと、白駒池までゴロゴロした岩と苔をまとった倒木の間を下りていきますが、私たちは下りなので膝は笑っていたものの助かりました。逆コースだと相当ハードな登山です。

湖までの歩道の回りは樹齢数百年のコメツガ、トウヒ、シラビソの原生林。そして485種類の苔が生息すると言われている「苔の森」など地上はまるで緑の絨毯を敷きつめたような苔が一面を覆っていました。

5月に右足首を捻挫して以来、痛みが長引き、最近になってようやくウォーキングにも支障なく回復していましたが、今日の登山も全く心配なく元通りに歩けて、もう大丈夫。おしゃべりしながらシニア6人、楽しい1日となりました。

 

 

 

初めてみたホシガラス

| 八ヶ岳あちこち | 19:03 | comments(0) | - |

いい時間、いい所。

車で5分足らずの富士見高原リゾートスキー場草原で第18回ピクニックコンサートがありました。テナーサックスを習っているアルジとしては、好きなビッグバンドとデキシーランドジャズのグループが朝10時から3時まで演奏するということで、私もお付き合いで早々と入場。芝生に座って、地元のアマチュアバンドや東京のプロバンドの演奏を聴きました。

今日は陽射しが強くジーパンをさす太陽をジンジン感じます。でも爽やかな風があり、陽射しさえ遮れば気持いいお天気です。

時々寝っ転がったり、お蕎麦を食べに行ったり、ソフトクリームを食べたりしながら適当に楽しみましたが、2時頃に途中退場して車で30分の清里へ。次は清里の森音楽堂でビッグバンドのコンサート。アルジにとってはうれしいコンサートのハシゴです。清里での2つのグループの演奏は聴きごたえがありました。

そのあと近くの「萌木の村」へ寄って村内の植栽を見て回り、少し早いですが「ROCK」で夕食。

アルジは「萌木の村」にいると富士見より落ち着くと言います。そう言われれば富士見にはこんな「ちょっといい所」がありません。

その前に行った「清里の森」も集客に苦労しているとは思いますが、無料開放で、こうして音楽堂があったり、芝生の広場ではハンモック持参の人たちが静かに寛いでいたりと、なかなかいい所です。

清里は数十年前のブームが去り、清里駅周辺のお店は今やクローズした所が多いですが、「萌木の村」もよく頑張っているというか、自然の中におしゃれな建物や自然に溶け込んだ植栽が配置され、大人にとって気持のいい空間が広がっています。

 

| 八ヶ岳あちこち | 21:02 | comments(0) | - |

驚いたで賞。

6月1日から清里の萌木の村で開催されていた「第5回ハンギングバスケット&コンテナガーデン コンテスト」に出品していた私の鉢植え「風のおもちゃ箱」が、思いがけなく、なんと入賞してしまいました。我ながらあまり納得してなかった出来だっただけに、驚きました。

実は今日、伊那市で長野県合唱連盟の合唱祭で混声合唱団 岡谷せせらぎ会も出演するのと、私は連盟会計係のため朝7時過ぎに家を出て高速道路で1時間、伊奈文化会館まで出かけて、本来だと夕方終了まで支払いなど会計の仕事をすべきところでした。

でも表彰式にも出てみたいじゃないですか・・・。表彰式なんて、もうないことだし、会計を頼んだらうれしいことに代わってくれる人がいたので、ありがたくお願いして、萌木の村での表彰式に出席させてもらったというわけです。

もちろんハンギングバスケット協会賞やイギリス人ガーデナー、ポール・スミザー賞などの大きな4賞ではなく、私のは萌木の村ショップオーナー賞17人の1つ。自分の作品写真が入ったなかなか素敵な表彰状とショップから副賞をいただきました。

今日は小雨降る肌寒い日。テントが並んだ広場ではナーセリーなどが出店していたので、苗を見ると欲しくなるアルジは、またいくつかの苗を買っていました。

 

 

| 八ヶ岳あちこち | 19:52 | comments(0) | - |

キャンプブック2019。

富士見高原リゾートで初めて野外で音楽とキャンプを楽しむ「ザ キャンプブック2019」というイベントが開催されました。北軽井沢、湯沢で開催され3回目の今年は、GREEN WALKから2、3分の場所。今日と明日の2日間合計7000名規模だそうです。

午前中は雨。せっかくのイベントが気の毒に、と思ってたら午後から晴れてきました。外に出ると、遠くから何やら音楽が聴こえてきます。

ステージの音響が届いて迷惑をかけるということで、この辺りの定住者に無料入場券の案内がありました。キャンプ泊チケットは17,000円、キャンプ泊しない人は8,500円と意外にも高め。それがタダなので、アルジもツレアイも場違いを承知で、どんなものか行ってみました。

一面テントだらけ。見慣れた風景が一変して、なるほど、テントがひしめき合っています。当然、若い人ばかり、小さな子供連れファミリーもいます。

捻挫して40日にもなろうかというのにまだ痛みがある私はビッコ引き引き歩きましたが、ウォーキングもご無沙汰中なので、ちょっと歩いただけですっかり疲れました。あああ、衰えたものです。

今夜は25時まで演奏があるそうで、若いって元気だね〜。こちらは聞いただけで疲れちゃう。

アルジなんかは「こんなに遅くまで非常識だ」と怒っています。高齢者バロメーターが大きく振れました。そうは言いながら、もう8時前には高イビキなんだから。

 

 

| 八ヶ岳あちこち | 20:48 | comments(0) | - |

高野オープンガーデン。

八ヶ岳南麓では、そろそろオープンガーデンの紹介が聞かれるようになりました。富士見高原はまだ先の話なので、今日は車で40分ほどの北杜市白州付近にあるお庭に5人で拝見に行きました。

バラをポイントに宿根草を主役にしたガーデンで、どのように数えたかわかりませんが約250種類、750株の花々が植わっているそうです。

バラを含め色とりどりの花々がちょうど見頃。そして遠くに甲斐駒ケ岳を借景にした、それはそれは素晴らしいガーデンでした。

標高600mちょっと。GREEN WALKの半分の標高ですから開花時期は2、3週間早く、ずいぶん差があります。もともとは棚田だったそうで、アップダウンでは作業が大変だろうなと思います。それだけに見るほうにとってはガーデンを歩いていくのにも変化があって楽しめました。

 

| 八ヶ岳あちこち | 19:21 | comments(0) | - |

風のおもちゃ箱。

明日から6月。清里の「萌木の村」広場で9日まで「第5回ナチュラルガーデン ハンギングバスケット&コンテナガーデンコンテスト」が開催されます。で、あろうことか、私も初めてコンテナ部門に応募し今日搬入してきました。

応募したのも初めて、こんなイベントがあることさえも知らなかったのですが、先日、ナーセリーの寄せ植え教室に行ったところ、そこの人から、こんなのあるけど応募してみない?と言われ、聞けば、誰でも応募できること、経験なんて関係ないということで、それなら枯れ木じゃないけど、賑わいになるのならと、応募したのでした。

そのナーセリーから、他の人も植込みを5月21日にするから良かったらどうぞと電話があったので、詳しく聞かずに行ったところ、その人たちはコンテストに応募しない人。あら、そうだったの?と思いながら、持って行った立方体の英国製鉢に、その日ひとまず植込みました。

応募締切に出したタイトルは「風のおもちゃ箱」。それなのにイメージしていた花材がなく、不本意ながらのアレンジでしたが、どう見てもやっぱり下手すぎる。

帰宅して、出品するのをやめるとアルジに言ったら「オリンピックだって参加するのに意義があるんだから、今年は出すだけ出して、他の人の作品を見てまた来年頑張ればいい」と。近年のオリンピックは参加してもメダルを取らなきゃ意味がないというふうに選手の意識が変わってるのになと思いながらも、私はあくまでも参加するだけの立場なので出すだけ出してみることにしました。

ところが開催は6月1日から。11日も先の話、しかも最終日まで19日間もあります。ナーセリーで植えた花材は、アドバイスをもらいながら私が選んだのですが、そんなに19日間も綺麗に咲き続けるとは思えません。また、この蕾が何日後に開花するのかとかもわかりません。

なるほど、そうだったのか、 ナーセリーとしては苗が売れれば・・・そう悪意に取らなかったとしても、ちょっと不親切だなと感じてしまいました。それだったら会期直前、搬入締切ギリギリの植込みのほうが余計な心配しなくてすむのに、と。

それでまたアルジに「やっぱり出すのはやめるわ」と言うと、二言目には「オリンピックは・・・」を持ち出します。そうねと私。寄せ植えをやり直すことにしました。ナーセリーで植えたのは1週間もすれば花が落ちたり、傷んだりしたのもあり、一部しか使えません。

そんな時も時。ちょうど先週末から八ヶ岳ファーマーズマーケットが開催されたので、花材を探してとりあえず買っておき、不足分はJマートで補い、土も全て鉢から出して1日乾かし、なんとか全て植え替えました。そしてGREEN WALKから、3本の茎に咲いたアリウム1球を掘り起こし、センターに植えてメインにすることにしました。

自分の技量不足をなんとか花材が補ってほしいところですが、タイトルの「風のおもちゃ箱」のイメージ通りにはいかず、やっぱり下手。・・・ではありますが、その重いコンテナを車に積んで無事搬入だけは終えました。

 

| 八ヶ岳あちこち | 19:45 | comments(2) | - |

見たい、買いたい、知りたい。

小淵沢に引き馬や乗馬レッスンをやっている馬場「八ヶ岳ロングライディング」があります。2階がイタリアンレストラン「トレカバロ」で、テーブル横の窓から馬と遊ぶのを眺められるのですが、昨日、GREEN WALKへ来てくれたヴァイオリンさんとビオラさん夫婦から「仔馬が走り回って可愛かった」というのを聞きました。

今日、ちょうど車で通りかかったので、どれどれと、見に行きました。何頭かが馬場で砂浴びしているそばで、母馬の後をついてまわる仔馬が1頭。体の割には脚が長く、時々その脚で急に跳ぶように走るところがとても可愛いです。人間でいえばまだ赤ちゃんというところでしょうか。iPhoneで撮影する私に興味津々で近づいてくるほどでした。

 

今日はアルジと八ヶ岳ファーマーズマーケットへ行きました。行けば、やっぱり苗を買いたくなるアルジとツレアイ。そんな人たちで今日も賑わっていました。

そばを通り過ぎた女性が持っていた紫色のニゲラは初めて見る種類。気になってどこで買ったか聞いたら、「ああ、買いたい気持わかります」と言って、わざわざお店まで連れて行ってくれました。

買いました、そのニゲラ。でもお店番の人は、なんという種類か知らないと。名前がわからないのは残念ですが、教えてもらっても、しばらくしたら忘れるので、まっ、いいっか。

 

| 八ヶ岳あちこち | 20:52 | comments(0) | - |

八ヶ岳ファーマーズマーケット。

気温が上がり、初夏らしいお天気になりました。今日から3日間、富士見高原リゾートで八ヶ岳周辺の苗屋さん40店が出店する毎年恒例の八ヶ岳ファーマーズマーケットが開催されます。

GREEN WALKで草取りをしていると11時に花火が上がったので「そうそう、今日からだった」と思い出し、お昼から早速、出かけました。アルジは芝の種蒔きで忙しいとパス。会場は車で数分の所ですが、駐車場にはもうかなりの車でいっぱいです。

とりあえず欲しかった忘れな草を探しましたが、もう季節外れらしくどこも売っていません。しかたないので忘れな草に似たアンチューサ ブルーシャワーと、スペアミントなどのハーブを買いました。

そこで弦楽四重奏団ユバルのヴァイオリンさんとビオラさんご夫婦にばったり出会いました。暖かさも安定してきたので、多くの人が好みの苗を求めガーデニングの季節を楽しんでいるようです。

そのご夫婦はファーマーズマーケットの帰りに、初めてGREEN WALKを訪ねて来てくれましたが、花はまだまだこれからという段階。しかも芝生の種蒔き中なので、庭からではなくデッキから高みの見物をしてもらうことに。それでも私のブログを毎日読んでくださっているので、これまでのGREEN WALKの部分的な写真の1枚1枚がようやくつながったとのことでした。

GREEN WALKではクレマチスのモンタナがちょうど見頃です。

 

| 八ヶ岳あちこち | 19:34 | comments(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM