いくつの年号を生きるかな。

寒さも小休止といったところ。久々に東京へ。アルジの母を連れて天ぷらの店へ行きました。

母は天ぷらが大好きで、しかもカウンター越しの揚げたてなら、なおさらです。1人分ペロリ、おまけに追加の3品もペロッ。私以上によく食べます。

食欲があるのは長寿の秘訣。大正10年生まれ96歳と言ったら、お店の大将がその食欲にびっくりしていました。

平成31年には年号が変わります。大正、昭和、平成を生きて来た母はこのままだと4つの年号を知ることになります。

大正13年生まれ93歳の知人は、現役のゴルフ大好き人間。毎週1度はラウンドしているそうですが、ゴルフ場によっては生年月日を書く欄に「大正」がなくなり「昭和」「平成」表記だけになったと笑っていました。

そりゃそうだ、93歳でゴルファーって、そう、ザラにいないでしょ。

富士山はいくつの年号を生きてきたのでしょう。

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 22:50 | comments(0) | - |

肌しっとり、喉すっきり。

いつになく風邪が長引いて、2ヶ月近くになります。咳は止まりましたが喉に違和感があり、合唱で歌う声がしっくりこない狀態が続いていました。

そんな時、テレビで湿度が足りないと風邪をひきやすくなると言っていたので、それもそうだなと早速、加湿器を2台購入しました。今までの1台ではいつも湿度30%台、40%台だったので力不足でした。フィルターも替え時だったので新しいものに交換し、さらに小さな加湿器2台追加で、さあ、どうよ?

1台は寝室に置いて、朝起きたら久し振りに、肌にしっとり感が蘇ってました、ホント。それでも理想の湿度60%台には程遠いのです。

昼から車で出かけ、運転しながらCDと一緒に歌っていて、今日は歌いやすいなあと思いましたが、ああ、そうか、加湿器のおかげかもしれないと気がつきました。

新しい2台は小型ですがミストが出るタイプで、「加湿してます」と、いかにも言ってるようで、見た目にもわかりやすい。

ミモザのそばに置いたら、ミストを浴びてミモザも喜んでいるようです。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:10 | comments(0) | - |

地球と星が、すぐそこに。

来春のf芽吹きまで成長待ちのボールストピアリーがスカスカで淋しそうなので、フレームにソーラータイプのイルミネーションの線を這わせました。

夕暮れになると自動的に点滅を始めますが、強いて言うならば、地球とその周りの星をイメージしています。なかなかムードがあって、いい感じ。

今日は散歩がてらクリスマスのデコレーションに使うモミの木の枝を採りに行きました。身近なウォーキングコースにモミの木が自然にあるので、その点、便利です。

そんなに寒いとは思わなかったのに、夕食の頃から雪が降り始めました。明日の日本列島は、すっぽり寒気に覆われるようです。

 

 

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:21 | comments(0) | - |

半年がかりの1足。

富士見高原から原村へ行くに従って凍った道になっていきました。

冬の朝の陽射しをはね返すアイスバーンは、まだ氷の厚みはさほどではないし、樹々に積雪もないので、目から入る風景に、そう寒さは感じません。

八ヶ岳中央高原キリスト教会でもクリスマスの飾りつけと共に、クリスマスアドヴェント2週に入り、祭壇のキャンドル4本の内、2本に火が灯されました。

 

半年前、毛糸の靴下を教えてもらいながら編んでいた当初は、クリスマスまでに10足編みたいと言っていました。

夏、手に汗かきながら、せっせと編んでいたのに、もうクリスマス直前。10足どころか1足目の片足しかまだ編んでいません。

月日の流れるのは早いものです。せめて1足は完成させようと、編みかけのもう片方の続きをボチボチ編みはじめました。

 

 

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 19:00 | comments(0) | - |

雪景色のはじまり。

夕方帰宅した途端、雪が降り始めました。粉雪でも積もり出すと早いもので、すぐに2cm位になりました。

夕暮れのクリスマスツリーにも少し積もり、いい感じ。いよいよ雪景色のシーズンに入ります。

八ヶ岳の冬は大好き。スキーをするわけでもなく、アイスバーンを車で走るのにも気を使いますが、それでも部屋や車の中から見える雪景色は本当に綺麗で、見ていて飽きません。

食べ物を探しながら外で暮らす生きものと違って、寒かったら火を焚き、おなかが空いたら暖かいものを食べられる人間で良かったとつくづく思います。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 22:53 | comments(0) | - |

リースを飾ろう。

クリスマスリース作りを教えてもらいました。

緑はモミの木など4種類の針葉樹。ローズヒップ、カラマツの実、ドライのニゲラやアナベルをあしらいながらワイヤーでぐるぐる土台に巻いていきます。

出来上がってみると、あら、ちょっといびつな円になってしまいました。それでも生のグリーンに濃淡があるので、やっぱり本物は素敵です。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:18 | comments(0) | - |

冬の線香花火。

インターネットでソーラーLEDイルミネーションを2個買いました。10mの銅線にビーズのようなLEDが10cm間隔で点灯するタイプで1個1000円。ソーラーなので電気代もいりません。

1つはリビングから見えるGREEN WALKの赤いリボンのリースを飾った木に巻き付けようと、3、4日前の暖かい日、脚立に登って巻きつけようとしました。でも銅線がもつれて四苦八苦。それでもなんとか手が届くまで巻きつけたものの、もし脚立から落ちて骨折となったら大変と、それ以上は危険なので途中でやめて、スイッチONもしてないので、当然、点滅はしていません。

もう1つはロウソクの根元においてみました。これが点滅すると、あら、なかなか素敵。

日中、目一杯ソーラーで蓄電して、果たしてどのくらいの時間、点滅してくれるのかわかりませんが、今のところ点滅しだして6時間たちました。

明るさは衰えることなく線香花火のようにピカピカしています。すごい。。。侮るなかれ、というのが本心です。

ナイアガラ風電飾好みのアルジが意外にも気に入ったのか、10個位買ったら?、と言いましたが、1個100円と勘違いしてました。どうりで威勢のいい話。1000円じゃあ、あまり威勢のいい話とは言い難いかもしれませんが。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 22:17 | comments(0) | - |

丸く収まれば。

朝、西の空へ、満月が沈んでいきます。

6時15分過ぎ、向こうのカラマツ林の向こうのずっと向こう、大きな月は夜明けと入れ違いに、やがて眠りにつこうとしています。

地球の夜は何ごともなく、丸く収まって見回りご苦労さんという風情です。

ちょうど今日、この満月のような丸いトピアリー作りを教えてもらいに立川の小林養樹園に行ってきました。

出来上がれば直径40cmのボールトピアリーですが、作り始めは小さな木だし、しかも小枝を随分カットしてしまったのでスカスカ状態。

丸く収まるにはあと2年はかかりそうです。この地でうまくキンメツゲが成長してくれればいいですが。春の旺盛な芽吹きに期待しましょう。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:20 | comments(0) | - |

これこれシカジカ。

昨夜、すぐ近くの鹿の湯へ行く裏道を車で走っていたら鹿の群れに出会いました。

遭遇してラッキーとばかり、こちらとしては暖かい目で、横切って行くのを待っています。

群れには必ずと言っていいほど子供もいて、食べ物を探し一生懸命に生きているので、エールを送りたくなるのが人情というか。。。

2日前だったか、テレビで長野市街地だったでしょうか、鹿が2頭いたと大騒ぎで追いかけ回している様子がニュースで何度も流れていました。

気の毒にーーー鹿がーーーあんなに大捕物帳を繰り広げられて、さぞ恐怖だろうと、つい鹿の身になって同情してしまいます。

鹿としては、自分はなんでこんなに追いかけられているのだろうと、思いながら必死に逃げているのでしょう。カメラマンも走ってご苦労なことです。

1頭は麻酔銃で捕獲され、山へ帰されたとか。帰す気があるのならほっとけばいいのに、と、鹿によく遭遇するこの近辺に住む者としては思うのですが、農作物被害に遭っている人にとっては死活問題で、本当に大変です。

今回の場合、鹿は川沿いを歩いていたようで、それならほっといたら自分で帰って行くんじゃないの?と、テレビを見ながら私は独り言。

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:09 | comments(0) | - |

大きな木の下で。

師走に入って初めての土曜日。でも都会から離れているここでは、師走という言葉は似つかわしくないなと思いました。

とてもいい天気で、空は真っ青で、ここはゆる土曜という感じ。南アルプスの山なみが綺麗に見えます。

隣の庭では、また大きな木の剪定が始まりました。

そういえば今年の夏、その木のそばでお隣の方と話していたら、上から立派なオスのカブトムシが落ちてきてびっくりしました。

鳥やリス、カブトムシ、そしていろんな生きものたちが頼りにしていた木々。もちろん人間にも日陰を提供してしていた木。

GREEN WALKにはまだそういう大木がないので、今日みたいにお天気のいい日には陽射しをもろに受けて、眩しいこと。

いえいえ、陽射しがあるありがたさに文句を言ってはいけません。GREEN WALKの細い木に、せめてクリスマスリースで飾ってやりましょう。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 16:28 | comments(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--