嵐のあとの、おにぎり。

昨夜は台風らしき兆候もなかった東京でしたが、夜中の3時頃、ホテルの部屋の窓ガラスを激しく打ち付ける雨の音で目が覚めてしまい、それから5時頃まで眠れませんでした。台風15号が去って行った今日は東京に暑い日が蘇ったようです。

台風による交通の乱れから、アルジは千葉に住む遠い親戚と会う予定もキャンセルになりました。このまま何もなく長野へ帰るのももったいないので、ミシュランガイドブックに載った浅草のおにぎり屋さんに行くことにしました。春に行ったけれど、ご飯が売切れでおにぎりにありつけなかったお店「宿六」です。

嵐が去った道は木や枝が倒れていたり葉っぱで散らかっています。

「宿六」には開店20分前の11:10分に到着。4人が並んでいました。開店と同時に8人が入店。カウンター席入れて16席なのに、そのあとのお客は12時の予約ということになりました。相席はさせないというお店の姿勢で、テーブル4人席に座った人は1人で占領。それももったいないなあと思いますが、満席になってもおにぎりを握るのは店主1人なので同じことなのでしょう。

あとから来る人来る人、おにぎりの注文個数と予約時間を伝えていました。ランチ用にお米は4升炊いて、なくなったらランチタイムは店じまいというシステムです。

私たちは、迷った挙句、葉唐辛子、タラコ、生姜味噌漬け、数の子の風味漬け、おかかのセットを食べました。確かに熱々のおにぎりはおいしい。ただミシュランガイド基準を知らない私たちとしては、おにぎり屋さんがガイドブックに載ったこと自体が、日本ならではの食文化の1つとしての紹介かなと思いました。

 

 

| 旅は道連れ。 | 20:10 | comments(0) | - |

雨具の準備万端、東京へ。

台風15号が来るというのに今日は久しぶりの上京です。なので、中央高速道路から見る富士山も久々。

アルジは以前勤めていた会社のOB会参加、ツレアイはついでに友人に会いに。レインコート、レインハット、折りたたみのゴム長靴持参で台風への備えも万全です。

でも友人と夕食を一緒にする予定は、もしかしたら台風で電車が運休したらタイヘン、転んだらもっとタイヘン、特に高齢者の不要不急の外出は避けようという世の中の潮流もあることだし、残念ながらまたの機会にしました。22時には電車は計画運休というのも発表されています。

アルジはOB会があるので、私は1人で夕食です。新宿でウインドーショッピングしたあと、デパートでお弁当を買ってホテルに帰ったら、あらまあ、アルジが先に戻っていました。

傘をさすこともなく、ましてや用意周到の雨具の出番もありません。赤坂見附近くの小さなホテルの部屋から眼下に赤坂離宮の門が見え、鬱蒼とした木々も静寂を保っています。

その向こうに新宿の高層ビル街も見えます。若い頃、東京の夜景が好きで、たくさんのビルの上で宇宙と交信しているかのように赤く点滅する灯を飽きることなく見ていたものでした。

 

| 旅は道連れ。 | 22:53 | comments(0) | - |

東京お上りさん旅行3日目。

東京を歩き回って3日目。2人ともさすがに疲れたようで、今朝、目が覚めたのはなんと8時でした。

今日は豊洲市場へ行く予定でしたが、寝坊してその気が失せたアルジは、ツレアイが行きたがってた千鳥ヶ淵を歩いてから、銀座でラーメンを食べて富士見へ帰ろうと言い出します。まあ、それもいいね、桜の季節だし、豊洲はまた、ということで、ホテルから歩いて千鳥ヶ淵へ。

多くの人たちがお花見歩きをしていますが、やっぱりここも中国人で占領されてました。写真を撮るのにも、人の通り道を横切ってポーズをとっていたり大きな声で話したり、決められた左側通行をしなかったり。いつの間にか、アルジとツレアイは桜を愛でる気分を忘れて警備員のような目になっています。やれやれ、こんな気持の私たち、いけませんね。

 

 

さて、今日のお昼は銀座・八五の中華そば。今回の旅行でおにぎりの「宿六」と「八五」の中華そばを味わうのも目的でしたが、1日目にミシュランのお墨付き、東京で一番古いおにぎり店「宿六」を味わえなかったこともあって、今日の「八五」は絶対はずせません。

お店の前に着いたのは12時50分。17名がすでに並んでいました。気温は7℃、寒かったですが、私たちはせめて「八五」の中華そばは意地でも食べると、1時間待ちました。

シンプルな外観と店内。座席はカウンターの6席のみ。高級すし店のようです。おしぼり、紙エプロン、薄手のグラスの水、薄い紙マットを敷いた上にラーメン鉢が置かれます。

ラーメン屋さんとは一線を画すお店で緊張の空気が流れているようです。厚かましい私たちは店名の「八五」はどういう意味かとかいろいろ質問をしましたが、ほかの4人のお客さんは静かに�跟をすすっていました。

ここの主人はフレンチの世界で栄誉を極めたシェフ。華々しいキャリアから新たなチャレンジをしたのがラーメンでした。スープのベースはフランス産鴨と名古屋コーチン、生ハムのほか、ラーメンの常識を破ったオリジナルのスープ。醤油も化学調味料も使わない、素材の味だけで作ったものとか。全てが厳選素材です。なのに価格は特製でも1,050円。分厚くて大きなチャーシュー2枚に煮卵入り、太いシナチクで良心すぎる価格です。店名の由来の1つ、8.5坪に、主人のほかスタッフは3人という充実さ。柔和な表情の店主と感じのいいお弟子さんたちです。

お客さんはこの贅沢なスープを飲み干すのが隠れた掟のようで、私たちも飲み干したのは言うまでもありません。そのあとに出された加賀の水出しほうじ茶もご馳走でした。

 

今日も、あっちこっち行ったり来たりしながら約15,300歩、10km余りのウォーキング。

こうしてアルジとツレアイの東京お上りさん旅行は、疲れはしたものの楽しく無事に終わりました。

 

 

 

 

 

 

| 旅は道連れ。 | 22:09 | comments(0) | - |

東京お上りさん旅行2日目。

今日2日目は4つのイベントをこなしました。

朝一番は東京駅まで行き、はとバス「東京さくら回廊」でオープンバス2階に乗って北の丸公園から外堀通り、千鳥ヶ淵を巡る1時間のバスツアー。靖国神社から市ヶ谷へ行く道は、見上げればオープンバスのすぐ上を桜の枝が覆って、まさに桜のトンネル。これには感動です。乗客のみんなが歓声をあげて満開の桜を愛でていました。

私がいちばん好きな千鳥ヶ淵のお濠を臨む道は歩かないのは残念でしたが、遠くから見ると朝はまだ7分咲きというところ。

 

 

次のイベントは国宝・迎賓館赤坂離宮見学です。これまた言葉で言い尽くせない見事な建築と装飾で想像以上のものでした。

日本の宮廷建築の第一人者・片山東熊による西洋宮殿の誕生、そして村野藤吾による昭和の大改修によって、世界の国賓を迎えるにふさわしい日本の誇れる建造物は輝きを放ち、思いのほか堪能できました。

床、壁、天井、装飾彫刻、調度品、内装、天井画、照明、ドアノブに至るまで日本の技と美が施されています。大広間、彩鸞の間、花鳥の間、羽衣の間などそれぞれの部屋の豪華さ、庭の松、大きな噴水、その全てに、すごい!と、いい意味でため息が出ました。

 

 

午後は東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」に乗船してトワイライトの景色を見ながらの食事です。

日の出埠頭からお台場、東京ゲートブリッジを抜け、羽田空港、大井埠頭などを2時間かけて巡ります。東京湾から見える高層ビル群、コンテナ群、ライトアップされた橋・・・明るい夕方から夕暮れ、夜景と様々な景色を楽しみながらおいしい食事ができるのはちょっとした海外旅行気分で、これまた想像以上に楽しめました。

 

 

このクルージングのあとは、夜の浅草へ。アルジが楽しみにしていたデキシーランドジャズライブのお店です。高年齢のデキシー好きで、すでに満席に近く、ライブを楽しんでいます。アルジは早速リクエストしたりして、久々のデキシーを、飲みながら2ステージ終わるまで聴いて引き揚げました。本当は第3ステージまで聴きたかったようですが、私はもう眠い。

 

電車に乗ったりタクシーに乗ったりしながらも今日のウォーキング歩数は19,700歩、12km余りでした。電車の乗り換えで、改札から改札へ、都会は本当にウォーキング歩数がグッと増えます。

 

 

| 旅は道連れ。 | 23:26 | comments(0) | - |

東京お上りさん旅行初日。

各地の桜開花宣言に続き、次は満開予想が連日テレビで話題になっています。東京は今日、全国でいちばん早い満開宣言。アルジとツレアイは今日から東京へ2泊3日のお花見旅行ですが、グッドタイミングになりました。

東京へ着いて、アルジの母が住む施設へ寄る前に、アルジが以前、桜の季節になるとよく通ったという桜並木の下を車で走りましたが、ここの桜は5分咲きというところ。

お昼はミシュランガイドに載った東京最古のおにぎりのお店「宿六」を目指してわざわざ浅草まで行きました。車をパーキングに入れてお店の前のメニューにある20種類近くのおにぎりの具を悩みながら、私は葉唐辛子と鮭と決めて、アルジがお店のドアを開けると、店主が「すみません、終わりました」と。

なんということでしょう、「SOLD OUT」の貼り紙が! 時間は13:30過ぎ。ここはご飯がなくなったら閉店で、店内はお客で満席でしたが、ちょっとの差で私たちはおにぎりにありつけませんでした。アルジは店主に「せっかく長野から来たのに」と恨めしげに言うのは忘れませんでしたが。仕方なく近くの天ぷら屋でランチになりました。ああ、おにぎり食べたかったなあ、ミシュランの。

 

アルジは今夜、友人と会うので、ホテルに荷物を置いて2人で新宿まで。私は久々にデパートでウインドーショッピングです。と、言いながらスカートを買ってしまいました。

原村のチェロ仲間の友人もこんなの欲しいんじゃないかと、店内から電話して聞いたら「欲しい、買っといて」と。やっぱりね。大きなお世話というより、余計なお世話ですが、友人の分として同じスカートをもう1枚買うと、売り場の人は満面の笑顔で喜んでくれました。こんなスカート、富士見では売ってないもんね、ネットではよくわからないもんね。ああ、やっぱり東京だもんね!

夜は1人で食事は淋しいので、昨夜急遽、福岡時代の小学校同級生にメールしたら、男子1人が付き合ってくれました。昨年、我が家へ来てくれた東京在住の5人の内の1人で、他は急なことで都合がつかず残念でしたが、ふたりで中華を食べながら子供の頃とは違って大人の話で楽しかったです。

さて、友人と飲んだアルジはしっかり酔ってホテルに無事にたどり着き、アルジとツレアイ東京お上りさん旅行の1日が終わりました。

お上りさんの第1日目は13600歩、8.2kmのウォーキングでした。

 

| 旅は道連れ。 | 23:09 | comments(0) | - |

トホホ雨。

湯ヶ島温泉へ移動して朝起きると、天気予報どおり雨が降っていました。今日は下田でゴルフをする予定で、アルジは楽しみにしていましたが、雨で止むを得ずキャンセル。その代わり、湯ヶ島温泉の朝風呂でゆっくりして、帰途につくことにしました。

雨は本降りです。他に予定もなく、どこかに寄るところもなく、本当に何のために遠くへ来たんだかと思わせるトホホ雨です。

なんと遊び心のない私たちなんでしょう、ただひたすら車を走らせて河口湖経由で一宮御坂から中央道に入って小淵沢へ。

家へ近づくにつれ雨は霙になり、うっすらと地面が白くなっていました。

 

| 旅は道連れ。 | 17:49 | comments(0) | - |

海を見ながら何思う。

伊東の宿の温泉は朝5:30から。特に年配の宿泊客はみんな早起きなので、オープンと同時に大浴場はそれなりに人がいます。露天風呂では波の音を聞きながら何を思っているのでしょう、みんな海を眺めていました。

部屋から見た朝6時半頃の太陽、雲の隙間から顔を出しました。

さあ、今日は2人でゴルフ。伊豆方面は暖かいと思ってここまで来ましたが、風も冷たく空気はひんやり、寒くなりました。

伊豆、伊東方面の旅行を計画したのは、富士見の積雪から逃れようということからでしたが、今冬はその積雪もなく、これなら我が家から比較的近い山梨のゴルフ場で充分なのに・・・結果論ですけど。

 

| 旅は道連れ。 | 19:52 | comments(0) | - |

満開、満車、満員。

今日から伊豆地方へ出かけました。途中、静岡の河津桜まつりが開催中。混雑してるだろうなとは思いますが、せっかくなので立ち寄りました。

河津桜はちょうど満開。と同時に、駐車場も満車。見物する人も散策路に満員の様相。4、5年前に来た時もやはり見物客は相当の数でしたが、やっぱり今回は中国系の人たちが特に目立ちました。ああ、ここもか・・・。

桜並木にはもう菜の花が色を添えており、いち早い春の訪れです。私たちはもうこの辺でいいよねと早々、人混みにサヨナラし、せっかく確保した駐車ではありましたがわずかな時間の桜散策でした。

夜は伊東に住むアルジの従兄弟と魚料理を食べながら過ごします。

 

 

| 旅は道連れ。 | 21:20 | comments(0) | - |

喜怒哀楽を積んだ先。

この景色は子供の頃から変わっていないのか。

物心ついた時から、萩の母の実家へ遊びに来るたび見てきた庭。敷石の上に置いてある石のカエルの置物もそのまま。小さな石橋を渡ると向こうには築山があり、そこを通った左側の奥に東屋があり、その左に行くと茶室へと通じる小さな通り門があった。私より1つ下の従姉妹とその妹と、池にかかる橋を渡ってかくれんぼや鬼ごっこをした気がする。遥か昔の記憶。

 

1人は17年前、その妹は4年前にもう逝ってしまいました。彼女たち4人姉妹の下の姉が時々、好きで植木の剪定をやっているそうで、木々が成長したからなのか、昔よりこんもりとした景色になっているようなのは気のせいでしょうか。

今日、この小さな石橋を渡ったら子供の頃の世界が見えるかなと思いましたが、蛇が出るかもと聞いてはとても行きたい気分にはなりません。

大きくなるにつれ・・・というか、歳をとるにつれ、怖いものや嫌なものから遠ざかりたくなるのもごく自然なことかなと思います。

怖さを知らない子供の頃と、心地いいことだけと暮らしたい現在との間の何十年に、人はさまざまな喜怒哀楽の経験をするもんだなと。

とすると、今はご褒美の人生かも。

 

| 旅は道連れ。 | 21:25 | comments(0) | - |

まるで銀杏祭り。

母の実家の玄関横には直径1m以上のイチョウの木があります。母の誕生記念樹ですので樹齢105年。

そのイチョウの木には毎年銀杏が大量に採れるので、これまで萩から毎年のように送ってもらっていました。

その銀杏は屋根にコトンと音を立てて落ち、転がって土の上に落ちていきます。おびただしい数で、一面、銀杏でぎっしりです。

いつももらうばかりなので、来た時ぐらいはと、銀杏拾いの形ばかりのお手伝い。銀杏特有の匂いが立ち込める中、私は申し訳程度ですが7歳上の従姉妹と籠に集めました。

毎日、大きなコンテナ籠一杯採れるそうですが、拾うよりこれからが大変な作業です。果肉を洗い落として中の硬い殻を取り出して乾かすわけで、私はその作業はこれまでやったこともなく食べるだけでした、多分これからも。感謝していただかなければ。

 

| 旅は道連れ。 | 21:19 | comments(0) | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM