<< 店先に、花の苗。 | main | キンメツゲ、熱中症。 >>

芝生たち、立派なオトナになれ。

まだまだ、冬が置いて行った自然のままのGREEN WALKですが、アリウム・パープルセンセーションが、いち早くイキのいい葉を覗かせていました。毎年、花の数が多くなっていくので、土の下では球根が年々大きくなっていることでしょう。

移植して方々で咲くようにしたいと、いつも思いながら、群生で咲いているのを見ると、それもいいなあと、結局いじらずじまい。

アリウムはこの地にウマが合うようで、強い! 耐寒性もあり、年中ほっといても、その季節になれば綺麗な色を咲かせてくれています。

こんなに暖かいと、土の下で我慢の子たちもスクスクといろんな芽を出してくるはず。

この冬だけは藁のお布団に包まれていた芝生の赤ちゃんたちは、今、藁が取り除かれて陽を浴びています。さあ、芝生はいよいよオトナの仲間入り。

しかしながら、その用済みの藁の処分が大変そう。それはアルジが考えることですが、その処分のために、また新しい庭の道具が増えるのではとツレアイは心配しています。例えば藁を裁断する機械とか、藁を燃やす焼却炉とか。まさか、ね。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:43 | comments(0) | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--