<< そして、風のガーデン。 | main | 芝生の介護。 >>

曇りの摩周湖。

温根湯温泉に泊まった朝、温泉にもう一度入りましたが、大きな川沿いのなかなかいい温泉でした。アルジ推薦の温泉でしたがツレアイはあまり期待してなくて、それがなかなかの泉質。

ミネラルが豊富な薬石湯や、無色透明やわらかな源泉100%湯は「美人の湯」。そして全国でも珍しいカバノアナタケ湯は、このホテルだけのお湯とか。北海道の白樺2万本中1本からしか取れない希少なキノコのエキスを、毎日スタッフが手もみして茶褐色に色づけているそうで、免疫力を高めるB-Dグルカンなどの成分が多く含まれているとのことです。侮れないぞ、温根湯温泉。

さて北海道最後の日は摩周湖。温根湯温泉からただひたすら走ります。途中、雨もパラパラと降り摩周湖は曇っていました。天気のせいだけでなく他のどこか湖とどこか違う幻想的で美しい湖だなと感じます。

お昼は女満別空港前のラーメン屋さんで北海道ラーメンの食べおさめ。

 

さてさて、これ言うとアルジが怒るだろうなあ。でも旅の想い出として記しておきましょう。

アルジがネット注文して最後の決定ボタンを押してなかったことで、初日はレンタカーの予約が入ってなかった、第1日目と2日目のホテルの予約が入ってなかったという「予約したつもり3本立て」のハプニングがありました。

しかしこういうことは追求しないほうが平和です。ただ、これから年々こんなことが増えていくんではないかと・・・おたがいに。

それでも素敵なガーデンをいろいろ見られたし、事故もなくなんとか無事に帰って来られたので感謝です。

と、思っていたら最後にオチが待っていました。

帰宅して私が玄関を上がった途端、フローリングでスッテンコロリン滑って左膝、右の腿、腰を床に打ちつけました。原因は旅行へ出かける朝、アルジが床の上で、潤滑油のようなものを靴にスプレーして、つまりフローリングに油がついた状態になっていたことです。

これもアルジが原因。幸い、骨折することもなく、しばらくしたら痛みも取れ、めでたしめでたし。

おあとがよろしいようで。

 

| 旅は道連れ。 | 22:44 | comments(0) | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--