<< さ、次のことを考えよう。 | main | 男の仕事。 >>

枝先の秋。

台風21号の後遺症は、カンボクの木にも及びます。赤い実が鈴なりになって重くなったこともあり、株立ちが傾いてしまいました。

そこで太い枝を何本か切りました。台風で実が随分落ちましたが、剪定した枝についた鮮やかな実を捨てるのももったいないので、玄関先や部屋に生けておきます。

葉っぱは虫喰いが甚だしいですが、それも自然。黄色から赤へと鮮やかさを増していく鈴なりのカンボクの実が、夏と秋の狭間で風情を語っています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:56 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--