<< あとから考えれば。 | main | 行きはヨイヨイ帰りはコワイ。 >>

変化という刺激。

朝8時前、ガラスに張り付いているのは雪の結晶。まるで羽毛のようにそれぞれの形が踊って見えます。

アルジはデッキに出している最低気温計を毎朝見ます。昨夜から今朝までの最低気温はマイナス10°Cでした。「あ、今日はそんなに寒くないな」と、うれしいよりも残念そうに見えるので、深い意味はなくても、毎朝、最低気温更新を期待しているのかもしれません。

そう、今日よりも、明日は、という変化。今は冬。だから昨日より今日が寒ければ、なんだか冬が進歩したような錯覚。春が近づけばその反対。昨日より気温が高くなったなという進歩。その変化がうれしいという、単純でささやかな刺激。

雪の結晶。青い空。すぐ向こう側で鳥たちが飛び交う姿。ゆったり揺れるカラマツの樹形。自然を眺めながら2人静かな朝食。

この平和はある意味、贅沢。決して不満ではないけれど、毎日が同じように続けば刺激がないのも事実。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:50 | comments(0) | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--