<< この本の向こう側。 | main | まるやち湖伝説。 >>

青空の下、白樺の上に白い月。

マイナスの気温とはいえ、いいお天気。車なしでは生活できないここでは、努めて歩かないと足腰が弱ってしまうので、ウォーキングに出かけるようにしています。寒くても天気が良ければ、気持もいい。

途中、黒い大型犬を連れた年配の女性とすれ違いました。ワンちゃんの足取りがあまりに軽快だったので、「軽やかな足取りですね」と声をかけると「下り坂ですから」と笑っていました。

私たちは上り道。いささか足取りが重くなりがちの道での出会い。ワンちゃんも、2本足の人間と同じように下り坂は楽チンだったんだと今更ながら教えられたようで、なんだかおかしくなりました。

毛がフサフサとしたワンちゃん、太いシッポもユッサユッサと揺れて実に楽しそうに見えました。

澄みわたる青空、白樺の上に白い月が浮かんでいます。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 22:38 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村PVバナー
PVアクセスランキング にほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM