<< 町のスズメが山に来た。 | main | 始動。 >>

五感で感じる冬景色。

日曜の朝は1cm弱の雪が覆っていました。

雪の結晶が張り付いたサンルームのペアガラスの向こうには、朝焼けを背中にした富士山が見えます。

ガラスの富士山は油絵のタッチのようで、自然の描写というのは、人間の手に負えないものがあるなあとつくづく思うことです。

 

冬のウォーキングでは、カラマツ林で風が踊り、木々がザワザワと歌います。

道のそばの家では、薪ストーブの煙突から、かすかに煙のにおいが流れてきました。

富士見高原スキー場の裏手には、このところいつも雪の吹き溜まりがあります。その白い道を歩くと、ザックザックとブーツの下で硬い雪が声をあげます。

今日も五感で感じる冬景色が広がっていました。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 19:16 | comments(0) | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM