<< おたがい見て見ぬ振り。 | main | 穏やかな冬。 >>

鳥の目、虫の息。

おや、珍しい、サンルームのガラスの屋根にヒヨドリが止まってガラスをつついています。

よーく見ると、サンルームのガラスの下、内側の桟にイトトンボが止まっています。ヒヨドリは、それを嘴で捕まえようとしていたようです。ザーンネンでした!

でも命拾いしたイトトンボはどうせ短い命。サンルームの暑さかどうかわかりませんが、やがて床で死んでいるはずです。

イトトンボはどこから入ってきたのかわかりません。サンルームで乾燥させている薪に付いていたのではないかと思います。

ネットで調べてみると、トンボの多くはヤゴで越冬するけれど、オツネントンボという種類だけが成虫で越冬するそうで、だから名前がオツネントンボということです。

冬季は主に山林の木の皮の間や建物の隙間などで越冬するということですから、もしこれがオツネントンボだとしたらやっぱり薪棚にいたんだと思います。

本来なら屋外で越冬して、春になると成熟して産卵するはずが、サンルームにいたばっかりに春が来たと思って、薪から飛び出したものの、暑すぎて早死にしてしまう運命のようです。

 

| やってくる生きものたち | 21:46 | comments(0) | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM