<< 森と湖をぬって、ひたすら走る。 | main | 無事にたどり着いて、ホッ。 >>

白夜に飛び交うブヨ。

スウエーデン3日目はオーモール目指して北に400km近くを北上します。
昨夜の中華料理もどきで体力も回復したようで、体のだるさも消えてくれました。なにしろ車に乗りっぱなしですから、エコノミー症候群に気をつけなければ。というわけで、ホテルで朝はipadにダウンロードしているNHKラジオ体操第1と第2を1人でやっています。
さて、今日はできるだけ早くホテルへ着いてゆっくりしようということで、寄り道せずにまっしぐら。でも何のためにこんなに走る旅になったのでしょう。こう見えて結構ロマンチストのアルジが、森と湖のある風景を求めてせっかくプランニングした旅内容ですから、文句を言ったらバチが当たります。が、バチが当たっても言いたい。やっぱり口から先に出てしまいます。
ホテルは最初に予約していたホテルが水道工事で1週間前にキャンセルされてしまったので、急遽空室のあるところを探すことを余儀なくされ、ゴルフ場付きホテルになりました。そのせいで走る距離も増えてしまいました。ホテルの建物は200年以上も前のものでゴルフ場へはお隣のノルウエーからやってくる人が多いそうです。
アルジもツレアイも何10年とやってないゴルフ。今年から復活しようとアルジは言っているので、とりあえずクラブを借りてドライビングレンジで練習しましたが、ツレアイのほうはとんとダメです。
夕食をとったあと、しばらく休んだアルジは、白夜の長い昼、暇を持て余して夜9時20分、練習して来ると、またまたドライビングレンジへ向かいました。そう、夜はまだまだ。明るいので照明なしで打ちっぱなしができるのも、この時期の北欧ならではのことです。でも早々と戻って来ました。ブヨがいっぱいとびかっていて、刺されるのでやめた、と。









 
| 旅は道連れ。 | 04:10 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--