<< 丸く収まれば。 | main | 冬の線香花火。 >>

彼らはどこへ行ったのだろう。

青空に親子が川の字になったような雲。太陽がカラマツの隙間から存在感たっぷりに輝いています。

その下、南アルプスに雪雲がかかり、今夜はグッと冷え込みそうです。ここは雪がチラチラ降ったり止んだり。

デッキの手すりに、アルジがクリスマス電飾をしたのですが、昼間消灯している時も鳥たちの警戒感を誘ってるようで、GREEN WALK内を飛ぶ姿は見かけても、ちっともバードフィーダーがあるところまでは来てくれなくなりました。

たまに勇気あるシジュウカラが1、2回きてヒマワリの種をくわえていくだけ。

隣の大木の枝を剪定してから、リスも来なくなりました。いつもクルミが寂しげにポツンとお皿に残ったままです。

いつものところに、いつものもの。でもそこに変化があれば、か弱い生きものたちは自分の命がかかっているのを本能的にキャッチしているのですから、彼らと再会するまでに少し時間がかかるのかもしれません。

 

| やってくる生きものたち | 15:57 | comments(0) | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--