<< 哀愁漂うリスにいの後姿。 | main | クルクル、クルミ。 >>

鳥から教えられるもの。

GREEN WALKの同じ景色でも、違う場所からまじまじ見ると、当然のことながら新しい発見もあります。

雪の上のベンチで日向ぼっこをしていた時のこと。冬枯れのブットレアの木に、何やら塊があります。

近寄ってみると鳥の巣でした。鳥の種類はわかりません。木などの細い茎をせっせ、せっせと親鳥は運んできて愛の巣を完成させ、ここで子育てをしたのでしょう。

営巣時はブットレアの葉も繁っていたものの、おそらく梅雨の時期、雨続きだったり、ある時は大雨も降ったでしょうに。

鳥の本能とはいえ、そういう姿のひとコマを想像するたびに、自分の長い人生で親のありがたさに立ち返ります。

無事に巣立ちして、新しいファミリーが今、冬の空の下、元気で幸せに暮らしていると信じましょう。

 

| やってくる生きものたち | 11:08 | comments(0) | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--