<< 寒がりミモザ。 | main | 雪。懐かしい人に出会うような。 >>

第3の姐御。

柔らかな陽射しがのぞく薄曇りの下、今日はずうっと細かい雪が降っていました。

今日もリスがデッキに来ていましたが、2、3日前から、もしかしたらここに来るのは3匹いるのではないかと思うようになりました。

3匹が同時に出くわしたことはないのですが、チビリスとリス兄の見分けの拠りどころにしているのが崩れる、何とも怪しいリスが出現していそうな感じなのです。

つまりチビリスの特徴である耳が長く、リス兄のような大きさのリス出現。

モミの木の根元でヒマワリの種を食べていたのが、耳は長かったのでチビリスと思っていたら、体がえらい大きくなっているし、その前にクルミをテイクアウトしているのです。

この第3のリスを、リス姐さんとネーミングしましょう。

ここで3匹のリスを整理すると。。。

●チビリス・・・耳が長い、体が小さい、クルミはテイクアウトしない。

●リス兄(にい)・・・耳は普通、 中肉中背、クルミをお持ち帰り。

●リス姐さん・・・ 耳が長い、体格はリス兄と同じ位、クルミをお持ち帰り、団子っ鼻。

ここだけの話、リス姐さんはどうもお鼻が大きいようで、リス兄はイケメン風。

いつか3匹が並んでくるようになったらはっきりするんですけど。

 

| やってくる生きものたち | 15:07 | comments(0) | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--