冬になっても薪づくり。

今日から12月。

それなのに私たちは相変わらず来年か再来年に使う薪割り作業。いつ使うかは別として、たいてい薪づくりは夏か秋までにはやっていたと思うのですが、今年はなんだろう、なぜか時間がなくて、こんな冬にやっている次第です。

もらってくる材木を置くスペースを作るため、出来るだけ玉切りを薪にして薪棚に納めておきたいので、しばらく薪割りは続きます。

 

南アルプス甲斐駒ケ岳と北岳の間のずっと上空に、夕暮れの三日月が綺麗でした。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:00 | comments(0) | - |

デッキに温度計3個。

昨日、今日はグッと冷えこみました。

アルジがデッキに掛けている温度計はなんと3個。何のために3個も置いているのかツレアイにはわかりません。しかもその温度計が指す温度がバラバラなので、どれを採用してよいやら。

それぞれの温度計は自分が置かれた立場で正確に仕事しているはずなのですが、提示された私とすれば、今朝は何度だったと言えません。

昨日の朝、ラジオ体操を終えた6:35過ぎの時点で私が見た温度計はマイナス12℃。ウヘー、こんなに寒いんだ・・・。

アルジが何度だった?と聞くので教えてあげると、東側のデッキチェア座面に置いた温度計で、「こっちはマイナス8℃だ」と言います。

で、私、思うんですが、平均でマイナス10℃と言えるものでもないし、狭い範囲内で温度を比べても何のメリットもあるわけじゃないし。

昨日の朝の温度はいったい何度といえばいいのか、実に紛らわしい。なので、今日はもう温度計を見るのはやめました。

ちなみに3個目のは最高最低を記録する温度計です。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 23:11 | comments(0) | - |

まずは、クリスマスリース。

朝、どんより曇り空でいかにも寒そうに見えました。

この季節になると、そろそろ家のクリスマスデコレーションが気になってきます。

八ヶ岳自然文化園正門前のコミュニティスペース・スタジオRでのクリスマスリース教室に申し込んでいました。

リース台にコニファーやモミの木などフレッシュな針葉樹5、6種類に、木の実を添えながら巻きつけていきます。

自分だけで作ると、せいぜいモミの木1種類程度になるので、こうして教室なら種類も多く、材料を揃えてくれて助かります。

作る前はリース台が小さいかなと思っていましたが、針葉樹をしっかり巻きつけていくと、想像以上にボリュームがあるのが出来上がりました。8人の参加者それぞれの個性が並びます。

今日使った枝で、初めて見るコニファーブルーアイスが気になり、帰宅してアルジに木を植えたいと言うと、それは寒さに弱いからここでは育たないよと言われました。残念。

植えたくても耐寒性で諦めた植物が、また1つ増えました。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 16:52 | comments(0) | - |

逆光のローズヒップ。

GREEN WALKのバラたちのいくつかには今、バラの実がついています。

まだ赤くなっていない緑色の実にはガクのようなものがついており、曇った空にかざすと、アーティスティックな模様に見えました。

ハーブティーにするといいローズヒップですが、ペパーミントティーが好きな私は、我が家になったローズヒップはクリスマスの飾りにする程度です。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:05 | comments(0) | - |

大型犬とウォーキング。

アルジとウォーキングの帰り、向こうから黒い大きなワンちゃんが2頭、お散歩でやってきました。オーナーに聞くとジャイアントシュナウザーとのこと。大きな足、くるくるした巻毛。♂はショーにも出ていたそうですが、飼い主を噛んだとかで放棄されたいわゆる保護犬。耳の形が後ろに向いているので聞くと、ショー犬としてカットされたんだとか。私から見ると穏やかないい子で「いいオーナーのところに来て良かったね」というと、カールちゃんがすり寄って来ました。目が黒い毛の中に隠れてシャイ、お散歩嫌いのワンちゃんだそうです。

もう1頭は♀のケリーちゃんでお散歩大好き、元気がいい子です。

しばらく立ち話をして別れたあと、知り合いの家の前でラブラドールのベルちゃんと会いました。これからお散歩のようです。

ここでまた立ち話をしていると、さっきのワンちゃんたちが戻って来ました。お散歩嫌いのカールちゃんが頑として先へ動かなかったそうです。

ワンちゃんたちと連れ立っての帰り道は、みんなで闊歩しているようで楽しいです。

夕方近くになると冷えて来ました。明日夜から強い寒気がやってくるようです。

 

| やってくる生きものたち | 21:46 | comments(0) | - |

男の仕事。

薪ストーブには、当然のことながら薪が必須ですが、薪の調達は、結構お金がかかります。ホームセンターなどで販売している薪の束を見ると驚愕もの。あれはおそらくキャンプとかで使う一時用でしょう。毎日の薪ストーブに使えばお金を燃やすようなものです。

冬の生活で毎日使う薪をいかに安くあるいはタダで得るか・・・それには横のつながりと労働が欠かせません。

我が家の場合、今年は3軒の知人が庭の木を伐採したのでと、譲ってくれました。でもこれは乾燥させていないので今年の薪には使えません。かといって、そこのお宅の敷地に置いたままにするわけにはいかないので、チェーンソーで玉切りにし、軽トラで運び、我が家に保管して、薪割り機で薪にする作業をしなくてはいけません。

私は、薪割りは手伝えても、チェーンソーで輪切りにして、軽トラで運ぶのはアルジの体力にかかっています。玉切りの太いものだと直径40cm、何十kgあるのでしょう。アルジは普通の人よりも腕力は絶対にありますが、寄る年波。相当ハードになってきたようです。

今年調達した木材は3年分くらいあるので、もうこの分でおしまい、あとは薪屋さんから買うかなと、アルジは言っています。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 16:54 | comments(0) | - |

11月のクリスマスキャロル。

クリスマスイベントは毎年早くなっている気がします。

八ヶ岳自然文化園では22日から今日まで「ENGLISH CHRISTMAS FAIR 4th」が開催されていました。

その協賛企画として、自然文化園正門前のスタジオRで「クリスマスキャロルを歌いましょう」というイベントが、ソプラノ歌手・原謠子さん指導であり、ヨーロッパのクリスマスキャロルを参加者と歌いました。

最後に、このコミュニティースペースのオーナー率いるジャズヴォーカル カルテット「THE DREAM BOYS」が持ち歌2曲を披露。アルジもそのメンバーのひとりとして、4人で練習してきましたが、今日の出来を聞くと、本人自身「ダメ!」。

次に期待しましょう♫

 

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 18:57 | comments(0) | - |

モミジ柄の絨毯。

昨日、豊洲市場へ行くために早起きして寝不足だったので、早めに寝たものの勤労感謝の今日は ふたりとも朝寝坊から始まりました。

目が覚めた時には、ラジオ体操の時間も終わっていました。

曇った天気。思ったほど寒くはありません。

GREEN WALKのモミジも大方は落葉しました。地面には紅葉した落ち葉がギッシリ分厚く積もっています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:06 | comments(0) | - |

マグロとマチネ。

東京2日目の朝は、4時半の電車に乗り、新橋からはバスに乗り換えて、豊洲市場へマグロのセリを見に行きました。いろいろ問題になった豊洲市場ですが、広い!見学デッキからは氷の塊のような大きな冷凍マグロがズラリ並べてあり、目利きのおじさんたちがセリで落とすマグロの輪切りにした尾部分を吟味しています。

やがてお兄さんが台に乗ってセリを始めました。外人のツアーガイドが、セリの状況を実況中継するように見学デッキで、大きな声で説明していましたが、外人の観光客は早朝から熱心にセリの風景を見入っていました。

朝食に握り寿司を食べて、そういえば昨日のランチも、施設に入っているアルジの母と、手土産の握り寿司を一緒に食べたので2日続けての握りです。

雨が降り出しました。

ホテルに戻り、高速道路で帰る途中、甲府で降り、TOHOシネマズで「マチネの終わりに」を観ました。想像してたより単純なストーリーではなく、なかなか印象的な映画で、絵も綺麗。

芥川賞受賞作家・平野啓一郎の原作を読んでなかったこともあり、解釈した結末をアルジと確認したのですが、帰宅して調べたら、どうやら違う結末のようで、あー、そうだったのか・・・。歳のせいかな、私たちの読みは浅いようで。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:06 | comments(0) | - |

助けてオーラ。

上野公園の東京都美術館で開催中の切り絵展に、小学校時代の同級生が出品しているので、鑑賞がてら在京の仲間6人でミニ同窓会となりました。

鶯谷から美術館に向けてスマホのグーグルMAP頼りに歩くのですが、音声ガイドが変な方角を案内するので困っていたところに運良く交番。そこで道順を聞いて歩いていましたが、暗くなって公園内のどの建物か・・・。道を歩いていた若い男性に聞くと、自分も帰り道だからと親切に一緒に歩いて連れて行ってくれました。

道すがら、「鶯谷駅より上野駅のほうが近い」とか、「もうすぐ閉館だけど・・・」と心配してくれるので、「小学校の同級生が切り絵展に出展してるので」とか「長野から来た」とか、結構話がはずみました。「あの建物だけど入口は反対です」とまで、親切なガイド付で助かりました。

閉館まで30分足らず。バタバタと、切り絵の会場の場所をガードマンに聞いたら、これまた親切に案内してくれました。たまたまなのか、私に助けてオーラが出ていたのか、親切な人に出会って時間をロスすることなく到着できました。

切り絵展に出品している友人は毎年何回か展覧会に出展していますが、今回は全国レベルの大規模なものです。

集まったのは、昨年GREEN WALKのバラを見にきてくれたメンバー5人。上野の西郷さんの前を通り、上野精養軒で旧交を温めました。小学6年生の時には考えもしなかった介護や高齢者施設の話まで、歳を重ねたなりの話も弾みました。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 22:14 | comments(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM