満月前夜。

夜9時前、外の明るさに気づきました。

見上げるとまん丸な月。そう、今夜は満月前夜。明るいはずです。

ちょうど雲がかかり幻想的な夜空が見えます。

 

かつて7月の満月をネイティヴアメリカンたちはバックムーン(Buck Moon)と呼んでいたとのこと。

バックは牡鹿のことで、この時期、毎年牡鹿のツノが生え変わることからこの名前がついたそうです。

 

新型コロナウイルス第2波か、と言われているように東京は3日連続100人以上の感染者。今日は131人も出ています。

真面目にお出かけや行動を自粛しているのに、この意識のギャップはなんだ!

自分は感染しない、だから人に感染させないと思ってるんだろうな。

 

そして、熊本県では豪雨で球磨川が氾濫、街が冠水し多くの被害が出ています。

コロナと南九州の豪雨被害。誰もがその被害者となり得るのに、心のどこかで、大丈夫と思う自分がいます。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

| こんなこと、あんなこと。 | 22:54 | comments(0) | - |

雨に泣くジャーマンアイリス。

 

GREEN WALKで梅雨に泣くのはバラだけではありません。

ジャーマンアイリスもその1つ。純白に淡いパープルと黄色が入った大きな花びらは薄くて繊細なので、雨に打たれるとその花も透けたようになってしまいます。

昨年がそうでした。せっかく咲いた花はそれこそ泣いているように見えたものです。

さあ今年は?

蕾がたくさんついて、一昨日あたりから咲き始め、今日の午前中にはいくつもの蕾が開いていきました。

でも午後からやっぱり雨。夜には激しく降っています。

せっかく咲いた純白のジャーマンアイリスが、たった1日の運命だとしたら、なんと儚いこと。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:28 | comments(0) | - |

思い出した!キョウカノコ。

もともと花の名前を忘れる一方ですが、この花を見るたびに、なんという名前だっけ?と、ずっと思っていました。

アルジに聞いてもやっぱり忘れています。

そんな感じでやり過ごしていたところ、先日、友人の庭で見て、聞けば「キョウカノコ」と教えてくれて、「ああ、そうだ、そうだ、キョウカノコだー」と、一件落着。

 

キョウカノコはバラ科シモツケソウ族で、花が京都の鹿の子絞りのようなところが名前の由来。

そういえば、私も若いころピンクの鹿の子絞りの着物を持っていました。

 

葉の形は違いますが、キョウカノコの花はシモツケに似ています。

名前に関しては少し複雑でシモツケソウとシモツケは違う、キョウカノコとカノコソウがまた違うといったように、名前は似ているからこそややこしい。

 

GREEN WALKに咲くキョウカノコは、蕾は京鹿の子そのものですが、開花するとフワフワして可愛いです。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 18:19 | comments(0) | - |

あざやかマロウ。しめやかメジロ。

昨日から雨がよく降りました。

午後、雨が止み薄日がさしたので、あのメジロは無事かな?と、白モクレンの木の葉陰の巣を見に行きました。

じょうずに目立たない所に営巣していたのですが、巣の中にメジロの姿はありませんし、まわりでメジロの警戒声も聴こえません。

この2日間激しい雨で、どうやら営巣を諦めたようです。きっと冷え切ってしまったのでしょう、かわいそうに。

 

なんとか、雨にあわないところに巣を作るといいのに・・・と家の周りを見回しても鳥たちの寝ぐらになるところはなさそう。

シジュウカラご愛用の巣箱も、メジロは苦手なのかもしれません。

 

その点、キセキレイは人間と共存する道を選んだわけで、車庫の中なら雨も外敵も避けられて安心して抱卵しています。

というか、人間のほうがキセキレイに気を使っていますが。

 

雨をたっぷり含んだ地面は植物を随分成長させました。

可愛い色のマロウも背丈が伸びたようです。

マロウも大きくなるにつれ、支え棒をしておかないと大きな葉や沢山の花の重みで倒れてしまう。今年は早めに支えたので、今のところ無事です。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 17:03 | comments(0) | - |

バラ フランシスEレスターの香り。

GREEN WALKのホワイト&ブルーガーデンに面した斜面にはいい香りがするバラのフランシスEレスターが満開です。

斜面ですから、ここに苗などを植えるのは不安定で結構難儀でしたが、一昨年あたりからなんとか宿根草が収まって、レースフラワー、まだ花が咲いていないですがサワギキョウ、ツルニチニチソウ、そしてワイルドストロベリーや、食べられる苺少々でぎっしり埋まって、ちょうど高低差のあるボーダーガーデン風。

とは言え、何しろ足場が悪いので手入れがなかなかできず、雑草も加わって、ごちゃごちゃ感は否めないのですが、遠くから見ればそれなりのスペースになっています。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:56 | comments(0) | - |

デルフィニュームは庭に似合う。

5、6日前は蕾だった濃い紫色のデルフィニュームが咲きました。

デルフィはGREEN WALKにもっともっと増えて欲しいのですが、昨年のが春先になかなか育ってくれません。

長い花穂にびっしり花をつけるエラータム系のデルフィニュームは、切り花にするのはもったいない気がするので、こうして庭で眺めているだけ。

 

今日はいい天気。

GREEN WALKをパトロールしていたら、バラにたかった大きなカメムシ2匹を退治。

これまでのところ、今年のカメムシ発生は量的に少ないけれど、体躯的に大きいような気がします。

カメムシは、ここ八ヶ岳に来て初めて知った虫。臭いと評判なので触らないようにしていますが、2匹はペットボトルの蓋で抑え、3匹目は、見事ピョーンと逃げられました。こんなに逃げ足の速いカメムシは珍しい。

カメムシも生き抜くために頑張っています。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

| ガーデンGREEN WALKから | 21:55 | comments(0) | - |

ポールズ ヒマラヤン ムスクの下で。

ティーラウンジには、薄ピンクのポールズ ヒマラヤン ムスクと、白のランブリング レクターの小さな花のバラが覆うように咲いています。

おかげでラウンジはちょうどいい日陰。お茶しながら、ここからはホワイト&ブルーガーデンが望めます。

レースフラワーのオルレア、キャッツミントに混じってアンチューサやゲラニウムほか、名前のとおり白や青、紫系の花が咲いています。

 

昨日目撃したメジロの営巣もこの一画にあるモクレンの木。

今日、6、7m離れたデッキから双眼鏡で覗いていましたが、巣はよくわかりませんでした。

ふと気がつくと、メジロのキュルキュルキュルキュルという警戒声が、聴こえます。

声のほうを双眼鏡で探すと、少し離れたサワフタギの枝で鳴いていました。

それが抱卵していたメスなのか、それとも見守っていたオスなのかわかりませんが、明らかに私に向けての注意喚起ですので、それ以上メジロを追うのはヤメ!ダメ!

ゴメンゴメンと言って立ち去りました。

 

ポールズ ヒマラヤン ムスクと、ランブリング レクターも満開を過ぎ、今日の雨で少し容色衰えています。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:47 | comments(0) | - |

モクレンにメジロが巣作り。

GREEN WALKの低木も茂りすぎたので、少し剪定することにしました。

植木鋏で枝を切る音が響きます。

私はモクレンの枝がうっそうとしているのが気になっていたのでまず、そこから。下枝をはらうとスッキリします。

モクレンの大きな葉は明るい色ですが、なにしろ葉が多すぎるので世話がやけます。

 

アルジがむこうで利休梅をパチンパチンと剪定してたので見に行ったらギョッ! 

今年華々しく咲いていた利休梅が丸坊主。今年は花が咲いたあと、黒点病みたいになってしまったのですが、いくらなんでもやりすぎです。

「任しとけ」なんて言いながら、これでは来春の花はどうなるんでしょう。今さら言ってもあとの祭りですが。

 

ホワイト&ブルーガーデンの白モクレンの枝を私が切っていると、いきなり鳥が飛び立ち、すぐ近くに止まって鳴きながら私にモーレツ抗議をしています。

なんとメジロでした。

えー?!こんな時期に?こんなところに?メジロ! 

それもモクレンの葉の茂みに巣を作っていたのです。

 

ああ、悪いことしてしまった! 

営巣していた枝は大丈夫でしたが、覆う葉が少なくなったかもしれません。

上からの外敵は大丈夫かしら・・・。明日は雨になるようなので、本当にかわいそうなことをしました。

無事にふ化すればいいけれど。

 

東京ではサザンカが咲く庭に、メジロが蜜を吸いにくるのを頻繁に見ました。

福岡でメジロを呼ぶために、冬は庭の小枝にミカンを刺していたので、いつもミカンジュースを飲みに来てくれていました。

でも、八ヶ岳でメジロを目の前で見るなんてうれしいと同時にびっくり!

そう言えば、チーチュルチュルチュルという鳴き声はここでも聴いたことがある気がします。

八ヶ岳ではこの時期にメジロがいて繁殖するのがわかりました。

 

そして我が家の4つの巣箱の内、3つは巣立っていったシジュウカラたち。今、4個目の玄関ポーチの青い巣箱にはシジュウカラが営巣しています。

そのすぐそばの車庫内ではキセキレイが営巣中。

そしてモクレンの葉陰にメジロの営巣・・・という訳でただいま我が家は営巣ブームです。 

 

 

GREEN WALKに雨が降った翌日は、バラの花びらが地上を覆います。

特にローズピンクのジプシーボーイの花びらは、赤い絨毯を敷きつめたように、散ってもなおバラの一生を見るようで目をみはるようなものがあります。

 

 

JUGEMテーマ:鳥が好き!

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:50 | comments(0) | - |

ジョウビタキがキセキレイになった。

車庫のシャッター上に営巣しているジョウビタキと思っていたのはキセキレイでした。

今朝9:30過ぎ、巣からキセキレイが出ているのを目撃。ジョウビタキの巣と思ってたのが実はキセキレイの巣というのがわかりました。

ではなぜ私はジョウビタキと思ってしまったのか・・・考えてみればそれはちょうどGREEN WALKでジョウビタキを見かけたことと、車庫の巣では頭だけが少し見えただけでしたがジョウビタキと思い込んでいました。

ずっと巣の上で抱卵していたキセキレイは巣から飛び出して、前の道をウロウロ。やがてどこかへ飛んで行ってしまいました。外食に出かけたと思いますが。

巣へ戻ったのは20分ほどあと。それからずっと抱卵しています。

偉いなあ。ずっと卵を暖め続ける母鳥の様子をみていると、情が移って気になります。

 

GREEN WALKのバラは絶頂期は過ぎましたが、まだまだ見頃です。

 

 

JUGEMテーマ:鳥が好き!

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:15 | comments(0) | - |

居心地のいいガーデン。

今日は友人たち5人で、そのお友達の大泉にあるガーデンを午後から訪ねました。

長年ガーデニングをやってこられた素敵な方で、東京で講師もされていたキャリアもあります。

先週は、GREEN WALKにも来てくださって、アルジもうちのバラをみていただき喜んでいました。

 

以前もこの素敵なお庭にお邪魔したことがありますが、いつ見ても本当に素晴らしいお庭です。

1000坪近くの敷地内にはいろんなゾーニングがあり、動線も自然なようで、実はちゃんと計算されていて、歩いて行くたびにまた違った風景が楽しめます。

背の高い樹々、低い木が点在し、ガーデン全体を眺めながら長い時間おしゃべりをしている内、夕方になってゴルフを終えたそれぞれの夫たちが合流し、再度ガーデン内ツアー。

居心地がいいガーデンでは時間が経つのもあっという間です。

 

 

敷地内には住宅の他、セカンドハウスや冬の温室を兼ねたキャビンもあり、どれもがガーデンを演出するもので、ため息が出るような心地よさです。

外から見ても絵になる小屋。室内は道具たちも含めガーデンブックに載っているようないい雰囲気です。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:29 | comments(0) | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村PVバナー
PVアクセスランキング にほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM