男の仕事。

冬支度が遅れました。例年、夏前には丸太を割って薪づくりをするのですが、今頃になってしまいました。

ようやく、さあ始めようとした週末、薪割り機のエンジンがかかりません。さて、これは困ったぞ、伊那まで車で1時間かけて修理に持って行ったとしても、きっと預かりになって、また何日もかかる・・・とアルジが言ってた時に、タイミングよく友人から「スシローに行かない?」とお誘いの電話が入りました。、

実はコレコレシカジカと言うと、じゃあ、これから見に行ってあげると、救いの手。彼は自動車いじりが好きでメカに詳しい人です。2時間近くあれこれいじって、なんとエンジンがかかるようにしてくれました。

おかげで薪作りが順調にはかどりました。アルジが薪割り機の台に丸太を載せたらツレアイが機械のハンドルを軽く押します。すると油圧式軸が動き、丸太をメリメリと割っていきます。どんな太い丸太でも見事に割れる優れものです。

程よい太さに割った薪は一輪車に積んで薪棚へ運び、乾燥させるまでの一連の作業は毎年の必須。あと2、3日はかかりますが、いつ寒さが来てもいいように、とりあえず薪割りを頑張ろう。機械任せとは言え、薪を運んで棚に積むことは結構、力仕事です。

その力仕事のため、事前に丸太を動かしチェーンソーで40cmほどの長さに切って、薪割り機の上に置くアルジの仕事は、言わば男の仕事。腰が痛いと言いながらいくつまでそれができるかわかりませんが、アルジにはまだまだ頑張ってもらいましょう。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:19 | comments(0) | - |

枝先の秋。

台風21号の後遺症は、カンボクの木にも及びます。赤い実が鈴なりになって重くなったこともあり、株立ちが傾いてしまいました。

そこで太い枝を何本か切りました。台風で実が随分落ちましたが、剪定した枝についた鮮やかな実を捨てるのももったいないので、玄関先や部屋に生けておきます。

葉っぱは虫喰いが甚だしいですが、それも自然。黄色から赤へと鮮やかさを増していく鈴なりのカンボクの実が、夏と秋の狭間で風情を語っています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:56 | comments(0) | - |

さ、次のことを考えよう。

傾いた照手桃の木はとうとう切られました。

都会では針葉樹がわりに生垣にも使われるほどですが、細い幹の割には葉があまりにも多く、台風21号の風には連獅子の役者が首をぐるぐる回すように揺れ動いて、傾いてしまいました。

GREEN WALKの中ほどに植わっていて、アルジのお気に入りだった照手桃。

春には純白の花をぎっしりつけて綺麗なのですが、花が終わると背丈がある濃い緑は存在感がありすぎ、また枝と枝の間に透け感がないので、少しうっとおしく見えていました。

アルジがチェーンソーで枝を払っていき、見慣れた樹木がなくなれば淋しいですが、照手桃が消えたあとの景色は少し視野が広がります。

さ、次のことを考えよう。切られた照手桃には申し訳ないけれど、庭が素敵になるのなら、照手桃も納得してくれると思う。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:41 | comments(0) | - |

何もないこと、それが奇跡。

台風21号ではGREEN WALKのリンゴの木も大きく傾きました。小さな木ですが、小枝にぶら下がったリンゴが2つ、落下は免れました。

直径8cmほどでしょうか、傷だらけのリンゴです。人間で言えばお肌はシミだらけという感じで、食べたい気はちょっと起こりませんが。それでもここまで大きくなったのはリンゴの努力の賜物、拍手ものですから味見はしてやらなくては。

 

今朝3時8分ごろ、北海道  胆振地方を震源とする震度7の地震がありました。関西で大きな台風被害があった矢先に、またこのような大きな自然災害。大規模な土砂崩れの映像に言葉を失います。

長野には日本を東西に分断する巨大な断層地帯・フォッサマグナが存在し、ここ八ヶ岳南麓・小淵沢と白州の間の国道20号線下にもかかっています。このフォッサマグナが動いた時、「日本沈没」が始まるとも言われています。

各地で自然災害があるたびに、こうして今、私たちに何もないことこそ奇跡に思えて来ます。

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:41 | comments(0) | - |

嵐が残していったもの。

台風21号が去った今日はいいお天気になりました。さてGREEN WALKの台風被害の現場検証です。

まず、ブットレア。折れたのではなく根こそぎ倒れていました。そして照手桃、オオシマザクラも傾いています。

何よりびっくりしたのはカンボクです。植えて6、7年経つ株立ちの大きな木がなんと少し傾いていました。赤い実がぎっしりついているので木の上半身が重いのも原因の1つでしょう。傾きを直せないかと非力ながら力を入れて押してみてもビクともしません。風の威力を改めて知りました。

草花はこれといって折れているのは見当たらず、ただただ、倒れているだけです。

アルジがチェーンソーでぶっ倒れたブットレアの幹を切りました。せめて枝から花をとれるだけとって、飾っておくことにしましょう。

倒木で電線が切れたとかで富士見高原と原村の一部は昨日から停電し、復旧は明朝になるようです。

そこに住む友人から「今日はペンションに泊まる」「鹿の湯にいる」「冷凍庫に友人からもらった天然鮎を入れていたけど、もうダメだろうか」などという声が届き、停電の影響が長引いています。

幸い、我が家では停電はありませんでしたが、アルジは台風が残した傷跡の後始末に追われました。

切ったブットレア、杏、プラムの枝などを、日曜日に町の指定地に持っていけるよう軽トラに積み込んでいました。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:34 | comments(0) | - |

ぶっ倒れたブットレア。

ほんとシャレにならないのですが、かわいそうに、紫の花穂が咲いていたブットレアが、台風21号の風でぶっ倒れてしまいました。

激しい風雨でそばまで行って確認したわけではないのですが、他の木が風にあおられてものすごく揺れているのに、ブットレアだけは背丈が低くなって何故か揺れていません。変だな、もしかして倒れた?

蝶に人気だったブットレア、随分大きくなって今年も紫色の花を愛でていただけに、まさかという気持。

照手桃の木のほうが、葉が密集していて大揺れで、お辞儀していたり、突風によっては歌舞伎の連獅子のように枝全体が時計回りにグルグルまわって揺れていたので、折れるんではないかと思っていました。

家の中からみた範囲では、ミモザの鉢植えが倒れ、GREEN WALKと書いた木のプレートが落ち、立てかけていた2mの脚立が倒れています。そして家の前の道を隔てた林では松が1本倒れていました。

明日になったらGREEN WALKを現場検証しましょう。

 

特に台風に直撃された大阪では、風で様々なものが折れたり倒れたり飛ばされたり。テレビで大きな被害の様子が映し出されていました。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:31 | comments(0) | - |

指先だけ、尾畠春夫さん。

赤いねじりハチマキのスーパーボランティア・尾畠春夫さんが、マスコミの取材を受けていた時、その右手の人差し指先にトンボが止まって話題になりましたが、今日、私も!

赤くなっていくカンボクの実の写真をiPhoneで撮っていたところ、両手でスマホを持つ左手の人差し指に赤トンボが止まりました。

えっ!えっ? これは写真とらなくては! 

でも手を動かすと逃げそうなので、左手は人質に取られたみたいに身動きできず、かと言って右手1つではスマホを持ちながらズームアップができません。

そっと、そっと、レンズを近づけて、なんとか赤トンボが止まっている人差し指を立ててよく写るようにしたいのですが、そうするとスマホが滑り落ちそう。

精一杯レンズを近づけながら、もっと指を立てたいところですが、スマホとトンボとの角度がなかなか思い通りに行きません。

また、もう少し指を左に向けたいのですが、左の親指で支えているので、ムリ。

苦心のシャッターチャンスで最良のが、これ! 

 

 

| やってくる生きものたち | 19:21 | comments(0) | - |

グリーンのペット。

春に買ったスペアミントの苗は部屋で鉢植えとして成長し、花が咲くまでになりました。華麗さはないですがほんのりピンクがかった毛のかわいい花穂です。

スペアミントのフレッシュティーを味わうつもりが、ついつい成長を見守りすぎて未だに味わうに至っていません。葉に触れるとミントの香りが手について、清々しさが漂います。

一緒の鉢カバーの中にバジルの苗も入れているのですが、バジルもまた小さな白い花を咲かせています。

バジルは去年まで毎年キッチンガーデンに植えていたのですが、何故か育たずところどころ黒くなって枯れていきます。そのため植木鉢のまま部屋のグリーンも兼ねて置いていたら順調に育ち、ちょくちょく炒め物などに使えて重宝しています。

こうして部屋に置いて毎日毎日スペアミントとバジルを見ていると、ペットのお世話をしている気分です。

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 19:43 | comments(0) | - |

庭仕事は秋へ。

GREEN WALKではトンボや蜂、蝶が飛びまわり、花や棒の先で小休止。結構忙しそうです。

ブットレアの木のまわりではヒョウモンチョウが飛んでいました。ブットレアは人気者で、いつも何匹ものヒョウモンチョウがヒラヒラ飛んでいます。

紫色のブットレアの花はGREEN WALKの隅のほうにありますが、花穂が大きいので遠くから見ても見栄えがします。

今日から9月。アルジの庭仕事も秋に向かっています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:18 | comments(0) | - |

どっちもどっち。

昨年、思いがけなく沢山咲いてくれたアニスヒソップ・リコリスブルー。この時期を楽しみにしていたのに、今年は消えてしまいました。

まだ芽が出だした頃にアルジが雑草と思って抜いたのだと思いますが、それを言うとアルジはそんなことはないといつも言い張ります。

けど、絶対そう。でもわかって抜いたわけではないので、それが困ったもんです。

アニスヒソップ・リコリスブルーは好きなハーブだったので、昨年少し株分けしてライトガーデンに植えていたら、幸いにもこれは生き残って小規模に咲き出しました。来年は、ここから繁殖してくれるはずなので、私が守ってあげなければ。でも、雑草が気になってしょうがないアルジはいつのまにかまた間違って抜いてしまうんだろうなあ。

アニスヒソップ・リコリスブルーの葉っぱのように雑草でよく見るような葉は、もしかしたら私も抜いてしまったかも。今、この葉をまじまじと見ながら少々自信がなくなったツレアイです。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 15:56 | comments(0) | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--