食べ放題の誘惑。

昨日の夕暮れあたりから雪雲が出ているなあと思っていたら、今朝は5cmほどの雪が積もっていました。

サンルームのガラス屋根に雪があるので陽が当たらない分、いつもより少し薄暗いのですが、なんだか落ち着いた雰囲気にも見えます。

午後から出かけた韮崎のほうは雪も見えず、甲府のイオンモールまで足を伸ばして買物。糖尿病の世界に足を踏み入れたアルジ用に糖質オフの麺類やおからパウダーなどを買いました。

なのに、そのあと食事に入ったお店はしゃぶしゃぶ食べ放題。アルジは痩せないといけない身ですから、もう食べ放題のようなものは排除しないといけないのに、これでは体重増です。おまけにビール2杯も!

 

映画を観ての帰り、夜10時過ぎでしたが小渕沢あたりから道路の脇に寄せられた雪が見えます。少しまた降ったようで、家に続くアスファルトの道はうっすら雪色でした。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 23:30 | comments(0) | - |

忘れるありがたさ。

薄曇りの今日は、南アルプスも震えているように見えます。雪が少ないといっても山頂は雪化粧し、冬山の厳しさを見せていました。

この風景のせいなのか、刺激的な東京から帰ると、なんとなく気持が沈みます。

でもこうしてはいられない、今日は午後からチェロのレッスンです。もともと練習不足の上に、2日間練習できなかったので、午前中に焦りながらザッとおさらいをしましたが、やっぱり指使いを忘れています。どうしてこうも忘れっぽいんだろうと、これまた気持が沈む思い。

でもレッスンが始まれば、そういうこともコロッと忘れているので、忘れるって幸せかも。

 

 

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:00 | comments(0) | - |

新名所・渋谷スクランブルスクエア。

昨日はアルジの大学時代の同窓会があり、東京へ行きました。その間、ツレアイは萩に住む従姉妹の夫と長男のお墓が新宿のお寺にあるので、お墓参り代行。従姉妹は私の両親が眠る萩のお墓参りをしてくれていて、私が東京へ行く機会には従姉妹の代わりに墓参するようにしています。その足で例によって新宿の伊勢丹と小田急デパート内のウォーキングです。

夕方からは母が入居している東京の施設で、弟夫婦と一緒に5人で新年会をしました。

母はもうすぐ99歳。持参した握り寿司も少し残したものの、食欲もあり元気です。来年の100歳を目指し、今年1年も健康でありますように。

 

成人式の今日、私は新百合ヶ丘の友人と渋谷で待ち合わせて、昨年11月にオープンした渋谷スクランブルスクエアへ。高さ230m、地上47階の屋上にある東京360度展望できる新しいスポットです。

1週間前に10時の予約で1割引のWEBチケットを購入しておきました。屋上展望台SHIBUYA SKYに出る前には、持ち物が飛ばされると危険だからと、飲料含む荷物を全てロッカーに預けます。ポケットに入るものはOKなのでスマホをポケット入れて手ぶらで上へ上がると・・・!

ああ、今日がお天気で良かった! 方角によって、ずっと遠くが霞んで東京湾や富士山は見えませんでしたが、ガラスに囲まれた展望フロアは本当に東京大パノラマが広がっていました。

ソファーセットでゆっくり風景を楽しんだり、ハンモックのようなコーナーでは網の上に寝っ転がって真っ青な空を見上げたり・・・想像以上にすごい!気持いい! 

夜23時までオープンしているということなので、大好きな東京の夜景もぜひ見たいものです。

高所恐怖症のアルジを連れて行くのにはもったいない風景。あとで写真を見せると、案の定、フン!という感じだったので、この素晴らしき東京大パノラマの感動が味わえない高所恐怖症の人は人生を損しているようで、かわいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しき東京

| こんなこと、あんなこと。 | 19:30 | comments(0) | - |

穏やかな冬。

静岡県では菜の花どころかヒマワリが咲いているそうで、全国的に大暖冬だそうです。大暖冬という言葉自体も珍しいですが。

ということで冬のイベント開催が中止になるところもあると聞きます。

雪がなくてクローズするスキー場もある中、近くの富士見高原リゾートスキー場では人工降雪機が稼働してスキーには支障がなく、子供たちの団体さんが連日、貸切バスで訪れています。乗車リフトには行列ができていました。

穏やかな日が続いています。と言っても朝晩は氷点下の寒い冬に変わりありません。

モクモクとした雲の上に、ひと筋の飛行機雲。昨晩は月明かりが鮮やかでした。今晩は満月です。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 20:57 | comments(0) | - |

鳥の目、虫の息。

おや、珍しい、サンルームのガラスの屋根にヒヨドリが止まってガラスをつついています。

よーく見ると、サンルームのガラスの下、内側の桟にイトトンボが止まっています。ヒヨドリは、それを嘴で捕まえようとしていたようです。ザーンネンでした!

でも命拾いしたイトトンボはどうせ短い命。サンルームの暑さかどうかわかりませんが、やがて床で死んでいるはずです。

イトトンボはどこから入ってきたのかわかりません。サンルームで乾燥させている薪に付いていたのではないかと思います。

ネットで調べてみると、トンボの多くはヤゴで越冬するけれど、オツネントンボという種類だけが成虫で越冬するそうで、だから名前がオツネントンボということです。

冬季は主に山林の木の皮の間や建物の隙間などで越冬するということですから、もしこれがオツネントンボだとしたらやっぱり薪棚にいたんだと思います。

本来なら屋外で越冬して、春になると成熟して産卵するはずが、サンルームにいたばっかりに春が来たと思って、薪から飛び出したものの、暑すぎて早死にしてしまう運命のようです。

 

| やってくる生きものたち | 21:46 | comments(0) | - |

おたがい見て見ぬ振り。

あれから2羽のスズメは毎日やってきて、他の鳥たちに交じってモミの木の根元のヒマワリの種を食べています。

いつも決まって2羽一緒。町から標高の高いここまでやって来ているのは今のところ2羽だけのようです。

お宿はどこかな? 仲のいい夫婦かな? と、こちらも興味を覚えます。

私がサンルームにいると、オオヤマザクラの花芽の枝に止まって私が去るのを待っていました。私がいなくなったらモミの木のほうへきっと行くつもりです。

遠からず近からず、私と適度な距離を持ってこちらを見ているような、見ていないような2羽のスズメ。

その動作を見ていたら、ちょっと気の毒になり、しばらくして私も気を利かせて消えてあげました。

 

 

 

 

| やってくる生きものたち | 18:52 | comments(0) | - |

暖かい冬の一日。

いつものように毛糸の帽子と手袋、ダウンコートにブーツを履いてウォーキングに出たら、まあ、暖かいこと!もう春がそこまできているような気温です。

歩き出してすぐにコートと手袋を脱ぎ、そのうち帽子も脱いでしまいました。

平日のスキー場にはあまり人はなく、貸しスキー板も暇そうにスタンドにズラリ並んでいます。

ウォーキングのあとは韮崎までゴルフの打ちっ放しへ。長野のこの辺りのゴルフ練習場は冬季クローズしていますが、山梨では年中営業しています。

この練習場は初めてでしたが、施設は綺麗で、各打席にストーブと扇風機が備えてあるなど冬だけでなく夏の設備も充実。おまけにネットの向こうに富士山が見えるのも気に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:23 | comments(0) | - |

人生を変えられた桜。

午後から雪が舞い続け3cmほど積もりました。山積みした薪の上も、樹々の枝も雪化粧。この分だと今夜は積もるだろうと思っていたところ、夕暮れには雨に変わりました。明日は暖かくなるようです。

薪は数年分あるけれど、今年焚ける薪がないと心配していましたが、昨年夏から薪棚にあったものを、お天気のいい日には暑くなるサンルームに数日保管していたら、乾燥室の役割を果たして、全く問題なくパキパキと爆ぜる音を出して威勢良く燃えてくれます。

これでもう薪の心配はありません。太陽はありがたいなと、つくづく思います。サンルームはリビングの奥まで日光が届き、冬でも暑すぎてガラス戸を開けているほどです。

薪といえば、こちらに山荘を持っている友人が、東京では多摩川土手をウォーキングしているそうですが、昨年の台風で倒れた桜の大木を見たので、処分業者に試しに声をかけたら、タダで2トンも自宅に運んでくれたそうです。

それをトラックに積み、自分で運転して原村の山荘まで運ぶのに労力と若干の費用はかかるけど、産廃で燃やされるよりはいいと言っていました。

都会では邪魔物となった大木も、こちらでは薪ストーブで活躍します。

昨年までは誇らしげに美しく花を咲かせて、毎年多くの人を楽しませてきた桜。堤防決壊が被害をもたらしたのは、多くの人の人生だけでなく、桜の人生まで変えてしまいました。

でもこの桜の場合、最後にまたひと花咲かせます。友人に、もらってくれてありがとうと言うように、桜の木のいい香りをほのかに家の中に漂わせながら燃え尽きて人生を終えることになるでしょう。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:30 | comments(0) | - |

始動。

お正月気分が抜けて、今日から世の中が本格的に始動。毎日が日曜日の私たちシニアは昨日から始動しました。

友人がオーナーのスタジオRで、始動のパーティーがありました。友人夫婦が用意してくれた手作りのおしゃれなご馳走の数々には、いつも感心します。

おいしく味わったあとは、ジャズボーカルカルテットDREAM BOYSの歌い初め。セカンドテナーに苦戦するアルジもとりあえず頑張りました。そのあと友人2人もチェロ演奏。私は聞き手で楽しませてもらいました。

スタジオの窓の向こうは、まだクリスマスイルミネーション。トナカイたちが光っています。我が家のモミの木もまだイルミネーションが点滅しクリスマスが続いている状態です。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 21:59 | comments(0) | - |

五感で感じる冬景色。

日曜の朝は1cm弱の雪が覆っていました。

雪の結晶が張り付いたサンルームのペアガラスの向こうには、朝焼けを背中にした富士山が見えます。

ガラスの富士山は油絵のタッチのようで、自然の描写というのは、人間の手に負えないものがあるなあとつくづく思うことです。

 

冬のウォーキングでは、カラマツ林で風が踊り、木々がザワザワと歌います。

道のそばの家では、薪ストーブの煙突から、かすかに煙のにおいが流れてきました。

富士見高原スキー場の裏手には、このところいつも雪の吹き溜まりがあります。その白い道を歩くと、ザックザックとブーツの下で硬い雪が声をあげます。

今日も五感で感じる冬景色が広がっていました。

 

| こんなこと、あんなこと。 | 19:16 | comments(0) | - |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM