庭仕事は秋へ。

GREEN WALKではトンボや蜂、蝶が飛びまわり、花や棒の先で小休止。結構忙しそうです。

ブットレアの木のまわりではヒョウモンチョウが飛んでいました。ブットレアは人気者で、いつも何匹ものヒョウモンチョウがヒラヒラ飛んでいます。

紫色のブットレアの花はGREEN WALKの隅のほうにありますが、花穂が大きいので遠くから見ても見栄えがします。

今日から9月。アルジの庭仕事も秋に向かっています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:18 | comments(0) | - |

どっちもどっち。

昨年、思いがけなく沢山咲いてくれたアニスヒソップ・リコリスブルー。この時期を楽しみにしていたのに、今年は消えてしまいました。

まだ芽が出だした頃にアルジが雑草と思って抜いたのだと思いますが、それを言うとアルジはそんなことはないといつも言い張ります。

けど、絶対そう。でもわかって抜いたわけではないので、それが困ったもんです。

アニスヒソップ・リコリスブルーは好きなハーブだったので、昨年少し株分けしてライトガーデンに植えていたら、幸いにもこれは生き残って小規模に咲き出しました。来年は、ここから繁殖してくれるはずなので、私が守ってあげなければ。でも、雑草が気になってしょうがないアルジはいつのまにかまた間違って抜いてしまうんだろうなあ。

アニスヒソップ・リコリスブルーの葉っぱのように雑草でよく見るような葉は、もしかしたら私も抜いてしまったかも。今、この葉をまじまじと見ながら少々自信がなくなったツレアイです。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 15:56 | comments(0) | - |

初めての袋がけ。

今年は猛暑の影響で農作物の中には出来があまり良くないのもあるようです。

GREEN WALKのブドウのキャンベルも、昨年はあんなに豊作だったのに、今年は粒の付きがまばらだったり、傷がついていたりで、あまりよろしくありません。

昨年は綺麗な実がたわわに実ったのは事実ですが、食べ頃になったある日の雨上がりに、なんと沢山のスズメバチに占領されて地団駄踏んだものでした。

そこで今年はアルジがブドウの袋がけ用の紙袋を買ってきました。そろそろかけ時かな? スズメバチに狙われる前に袋がけしておかねば・・・というわけで、いささか貧弱な房ではありますが、袋がけをしておきました。

実のつき方がまばらなので、全ての房を袋で包めませんでしたが、そんなに甘いブドウではないし、種があるので、まあ、こんなもんでいいでしょう。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 16:28 | comments(0) | - |

花はどこへ行ったの?

去年は咲きすぎるくらい咲いていたサワギキョウの数がずいぶん減りました。おそらく生存競争に負けたのでしょう。

しっかりした茎に小さな紫の花がギッシリつきますが、その太い茎ゆえに花瓶に挿そうという気がおこりません。

今咲いているフロックスやアナベル、ピラミッドアジサイは花が大きいので、これまた花瓶に挿すより、庭で咲いていたほうが幸せそうです。なので、この時期には部屋に生ける花がなくなった感じ。

アルジがGREEN WALKに植えた花の名前をファイルしているのですが、そこには本当にたくさんの花の名が連なっています。

あんなにあった様々な種類は、いつの間にかずいぶん消えてしまいました。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 23:25 | comments(0) | - |

いくつになっても泥んこ遊び。

アルジの庭仕事に終わりはありません。特に芝生は難しいようで、何度も土を耕して種蒔きも幾度したことか・・・。また養生にも手がかかるようです。こう他人事に言うツレアイは、一歩引いて「やっぱり男の仕事だね〜」と言ってますからこのような表現になりますが。

アルジの今日この頃は、軽トラで運んで来た牛糞を、肥料として芝生に漉き込んだり、またまた芝の種蒔きをし直すところに土と混ぜ込んだりの毎日です。

アルジの母が「子供の時から泥んこ遊びが好きだったわね」と言うように、高齢になってますます来る日も来る日も土いじり。

洗濯を重ねたアルジの作業着も随分汚れます。替えの新しい作業ズボンの裾上げをしましたが、股下のあまりの短さが気の毒になってちょっと長めの丈で裾上げしておきました。

 

 

 

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:51 | comments(0) | - |

かわいい狂い咲き。

8月最後の日曜は、澄み渡った青空で、夏が戻ったような暑さになりました。

デッキの西側のフェンスにはクレマチスのモンタナがぎっしり繁って絡んでいます。そこにピンクの花が3輪。

モンタナの花が咲くのは5月中旬ですから、何をどう勘違いしたのか、まさに狂い咲き。久しぶりに見る花は可愛い姿をしています。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:46 | comments(0) | - |

ミョウガの採れ時。

昨日の大雨で地面はしっとり濡れています。キッチンガーデンでは雑草が幅をきかせ、ペパーミントは遠慮気味になってしまいました。

この名ばかりのキッチンガーデンで、何年もずっと葉だけがイキイキと茂っていたミョウガが、昨年初めて食べられるようになり、今年も花が咲き始めました。

ということは、そう、ミョウガが採れることなったわけで、喜ばしいことです。でもどうせならもう少し早く、夏のお昼につきものの素麺を味わう時期に欲しかったのですが。

昨年は食べきれないミョウガを甘酢漬けにしました。今年は新鮮なまま、せっせと食べることにしましょう。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 22:07 | comments(0) | - |

バラに、はい、チーズ。

バラのノヴァーリスがまた咲き出しました。7月に蕾をたくさんつけていた枝をアルジが強剪定し、開花を楽しみにしていたツレアイとしては、当然、ムッ・・・。

それがようやく蘇ったものの、今までのノヴァーリスのあの薄紫ではなく少しピンクめいているのは、季節柄なのか、土の影響なのかよくわかりませんが。

ノヴァーリスの花びらは若干とがっていて、夏バテ気味の花びらも、こうやって写真で見ると、それぞれの花がゲラゲラ笑っているように見えます。

早くも台風20号の影響でしょう、朝から風が強い日でした。昼過ぎには青空が消え、夕方にはだんだん雨も強くなりました。

夜9時には徳島県に上陸したという台風は、各地で大雨を降らせており、ここ富士見高原でも激しい風雨が大暴れして窓ガラスを叩きつけるようになりました。

これほどの風雨ならノヴァーリスも明日は随分傷めつけられた姿になっているだろうなあ。昼の内に笑顔の集合写真を撮っておいて良かったね、ノヴァーリスたち。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:42 | comments(0) | - |

四季織りなすカンボクの木。

今年は全国的に桜前線も早かったし、GREEN WALKではバラの開花も例年になく早かったと同様、どうやら紅葉も早そうです。

カンボクの実もだんだん赤く色づき始めています。カンボクはガクアジサイのような白い花とやがて赤くなる実が印象的な木です。

春の新芽、初夏の花、夏の緑の実、秋の赤い実、そして冬になれば落葉した枝に積もる雪に赤い実が映えるなど、ほぼ1年中楽しませてくれます。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 21:29 | comments(0) | - |

花の賞味期限、半年。

ノリウツギが赤くなるということは、夏の終わりの始まり。そう考えると変なもので、なんだか暑かった夏が名残惜しく思えます。

ノリウツギ、紫陽花、ピラミッドアジサイ、アナベルなどは若草色の蕾をつける梅雨時から、白やピンクへと色が変化して、自然のままにしておけば冬の枯れ花も味わい深く、半年も楽しめるのでこの富士見高原の気候の庭にはありがたい存在です。

 

| ガーデンGREEN WALKから | 20:51 | comments(0) | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--